バイエルン、“危険な相手”シャフタール撃破なるか。ラームの言葉「滅多にない」に潜む危機感

チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16、アウェイでの1stレグを0-0で終えたバイエルンは、シャフタールを相手にホームで勝利を挙げることが必須となる。しかし、鋭いカウンターを持つシャフタールはバイエルンの最も苦手とする相手。カウンターをコントロールすることが最大のテーマとなる。

2015年03月11日(Wed)16時10分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

「カウンター阻止」のため退場となったシャビ・アロンソ

「カウンター・コントロールが大きなテーマ」としたのは、2015年3月9日付のキッカー紙である。

 11日に行なわれるチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16の2ndレグ、バイエルン・ミュンヘンはホームにシャフタール・ドネツクを迎える。バイエルンはアウェイでの1stレグを0-0のドローに終えた。

 9日付のキッカー紙に、バイエルンのスポーツ・ディレクター、マティアス・ザマー氏は「我々は準備が出来ているが、また謙虚でもある。シャフタールが危険な相手であることと、我々が最高の成果をもたらさなければならないということを知っている」とコメントを残している。

 同紙によれば、ザマー氏は「チームが1stレグで相手をコントロールし、恐れられたカウンターを阻止したことに満足した」とのことである。

 ザマー氏が満足したように、結果こそ無失点で終えることが出来たが、1stレグでバイエルンは、CFのルイス・アドリアーノを中心とするシャフタールの鋭いカウンターに苦しんだのも事実である。

 シャビ・アロンソは、「カウンターを阻止」するような格好で2枚のイエローカードを重ね、レッドカードを受けて退場となっている。そのままホームでの2ndレグに出場することは出来ない。

1 2 3

新着記事

↑top