悔しい失点を喫した神戸戦。J屈指の攻撃支える川崎DF谷口「もっともっと成長していかないと」

2015年03月15日(日)17時00分配信

text by 青木務 photo Getty Images
タグ: , , , ,

「もったいない失点を減らすのはこのチームの課題」

「あまりパスを繋ごうと意識し過ぎると、もったいない感じで引っかかっちゃったりしますけど、そこは状況と判断でしっかりやっていきたい。怖がらずにどんどんやっていきたい」

 単純なクリアではなく味方に繋げるということは、それだけ周囲がよく見えているということ。例えば相手がクロスを入れてくるとして、谷口はどの瞬間に周りを確認しているのか。

「ボールが来ている間にというか、来る前から見ておくようにはしています。このタイミングで、というよりはずっと見ている感覚」

 攻守両面で高いセンスと貢献度を示しているが、開幕2戦で3失点という結果には納得していない。

「もったいない失点ばかり。減らせるので、そこは擦り合わせてやっていくしかない。もったいない失点を減らすのはこのチームの課題なので、後ろの選手がしっかりやっていきたい」

 川崎は攻撃が魅力のチームだが、この神戸戦のようにチャンスを活かしきれない試合もある。こういう時に我慢できるのが、強いチームの守備陣だろう。カウンターなどでピンチを迎える回数は多いが、谷口自身にとって、そこで踏ん張ることが今後さらなる飛躍につながっていくはずだ。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー監督の生きる道
サッカーを『知らない』日本人

1 2 3

新着記事

↑top