悔しい失点を喫した神戸戦。J屈指の攻撃支える川崎DF谷口「もっともっと成長していかないと」

2015年03月15日(日)17時00分配信

text by 青木務 photo Getty Images
タグ: , , , ,

攻撃だけでなく守備での貢献も光る

20150315_tani_getty
川崎の守備の要として期待されるDF谷口彰悟【写真:Getty Images】

 筑波大学時代から風間八宏監督の薫陶を受けてきた谷口は、ビルドアップで高い能力を発揮する。チームの攻撃を司るのは、中村憲剛と大島僚太のボランチコンビだ。しかし当然、相手もそこは封じてくる。そんな時、“第3の司令塔”として谷口が後方から組み立て、攻撃を助けている。

「ビルドアップは得意ですし、特徴だと思っているので、どんどんやっていきたい」と自信を見せる。だが、彼はディフェンダーである。攻め入ってくる相手を止めることが第一の仕事だ。

 谷口は182cmの体躯を持ち、空中戦でも強さを見せる。組み立ての貢献がクローズアップされるが、守備面でのこだわりは「もちろんある」という。そして、こう語る。

「最後に身体を張るところだったり、高さで負けないところはまだまだだなと思っているので、もっともっと成長していかないといけない」

 この日、相手FWの渡邉との競り合いで一歩も引かなかった。高さは攻撃でも発揮され、CKではニアに飛び込み惜しいヘディングシュートも放っている。

 相手が中央へボールを入れる時、谷口が立ちはだかった。加えて、ただ跳ね返すだけでなく、ほとんどの場面で味方に繋いでいる。

「それは常に意識しています。簡単にクリアすることもできますけど、繋いだ方がマイボールになるし、そこから攻撃が始まると思うので」

 自身のボールカットを攻撃のスタートにする、という意識を強く持っている。それができるのも、谷口が高水準の技術を備えているからだ。

1 2 3

新着記事

↑top