「100%以上のものを」。ドルトムント、逆転勝ち抜けなるか。独紙は香川の先発予想で意見分かれる

ユベントスとの1stレグを1-2で落としたものの、アウェイゴールを手にしたドルトムント。ホームでの2ndレグでの逆転勝ち抜けは決して不可能ではない。香川真司は重要な一戦で先発することができるだろうか。

2015年03月18日(Wed)11時26分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

「ミッドフィールドの再構築は緊急的に必要」

「100%以上のものを」。ドルトムント、逆転勝ち抜けなるか。独紙は香川の先発予想で意見分かれる
ケヴィン・カンプル【写真:Getty Images】

「つまずくボルシアの選手たち―ユベントスに対して100%以上のものを」と一面の見出しとしたのは、2015年3月16日付のルール地方の地元紙レヴィアシュポルトである。

 19日、欧州チャンピオンズリーグ・ベスト16の2ndレグ、ドルトムントはホームにユベントスを迎える。ドルトムントはアウェイでの1stレグを1-2のスコアで落としている。

 レヴィアシュポルト紙は、ドルトムントが直近の試合、15日のブンデスリーガ対ケルン戦を0-0のドローに終えたことを「つまずいた」と記した。そしてケルンのような「消極的でコンパクトな4-4-2フォーメーションに対して目下のところ大きな問題を抱えている」と指摘する。

 そして収められた短いインタビューで、カンプルに次のように話を振っている。

――ユベントスが自陣に引くことも同様にあり得ますね(レヴィアシュポルト紙)

カンプル「ユベントスがケルンのような手段を講じて、カウンターのチャンスを窺うことは、もちろんあり得ることだ。残された日数で僕たちはまさしく努力しなければならない。そのような相手に対してどのようにプレーするかということをね」

 また16日付のキッカー紙は「ユーベをぱりっと壊すためには、ユルゲン・クロップ(47)はミッドフィールドを修復しなければならない」とした。

 同紙は「ハンブルク戦とケルン戦においてBVBはディフェンシブに構える相手に対して大きな弱みを明らかにする」と指摘する。そして「ユーベもまたきっと水曜日には情け容赦なく攻撃的には構えないだろう」と記している。レヴィアシュポルト紙と同様のスタンスだ。

 そしてキッカー紙は「結局のところクリエイティヴィティの欠如を考慮すれば、ミッドフィールドの再構築は緊急的に必要である」とする。

1 2

新着記事

↑top