6分のATがオランダを救う。フンテラールの同点弾でトルコと土壇場で引き分けに

貴重な同点ゴールを挙げたFWクラース・ヤン・フンテラール【写真:Getty Images】

【オランダ 1-1 トルコ EURO2016予選 グループA 第5節】

 EURO2016予選が現地時間28日に欧州各地で開催され、グループAのオランダはホームでトルコと対戦した。

 4節を終えてすでに2敗を喫し、グループまさかの3位と出遅れているオランダ。勝ち点2差で4位のトルコとの対戦となった。

 フース・ヒディンク監督の進退もかかる大事な一戦だが、FWロビン・ファン・ペルシー、MFアリエン・ロッベンを負傷で欠いて臨んだ。

 この日のFWにはクラース・ヤン・フンテラール、ロッベンの代わりにはメンフェス・デパイが先発している。

 最初のチャンスはオランダ。6分に左サイドを突破したデパイがシュート。これはGKヴォルカン・ババジャンの好セーブで先制とはならなかった。

 押し込んでいたオランダだったが15分にピンチを迎える。左サイドを突破され中央にクロス。FWブラク・ユルマズがフリーで受けGKと1対1に。しかし、シュートは戻ったDFが間一髪でクリアし、事なきを得た。

 この後はオランダが攻め続け、トルコが守る展開に。試合が動いたのは37分。

 トルコが右サイドを突破しクロス。オランダDFがクリアしたが、これをMFヴォルカン・シェンが受け、ユルマズにパス。ユルマズがDFを交わし、先制点を奪った。

 予選突破のために敗戦は避けたいオランダだったが、先制点を奪われ前半を折り返した。

 1点ビハインドのオランダは後半開始からMFジョルジニオ・ヴァイナルダムに代えてFWルシアーノ・ナルシンフを投入。打開を試みる。

 どうにか同点に追いつきたいオランダは54分、60分に決定機を迎えるが得点は奪えない。
そして63分にMFナイジェル・デ・ヨングに代えてリーグ後半戦絶好調のFWバス・ドストを投入。ドストは代表デビューとなった。

 攻撃のカードを投入したオランダだが、得点が奪えないまま時間だけが過ぎていく。

 そして最後まで攻め続けたオランダだったが、ババジャンの好セーブもあり得点が奪えない。

 しかし、6分のアディショナルタイムがオランダを救った。90分、MFヴェスレイ・スナイデルのシュートをフンテラールが頭で軌道を変えてゴール。

 フンテラールの値千金の同点ゴールでどうにか引き分けに持ち込んだオランダは、EURO予選突破に望みをつないだ。

【得点者】
37分 0-1 ユルマズ(トルコ)
90分 1-1 フンテラール(オランダ)

【了】

新着記事

↑top