CLバルサ戦、イブラ不在もPSGから漂う「ひょっとしたら…」。カタール体制3季目で得たプラスαのチーム力

ベスト16でチェルシーを下したパリ・サンジェルマン。次なる相手はバルセロナだが、この状況でエースのイブラヒモビッチとゲームメイカーのヴェラッティが出場停止。しかしホームでの1stレグ、PSGにはかつてない期待感も漂っている。

2015年04月13日(Mon)15時30分配信

text by 小川由紀子 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

今季はグループリーグでも対戦し1勝1敗

CLバルサ戦、イブラ不在もPSGから漂う「ひょっとしたら…」。カタール体制3季目で得たプラスαのチーム力
2月には禁断のシャツ脱ぎゴールパフォーマンスで全身タトゥーを披露したズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

 シーズン終盤にきて、ズラタン・イブラヒモビッチのキレっぷりが凄い。

 4月8日、フランス杯準決勝のサンテティエンヌ戦、開始21分にペナルティキックを決めてPSGでの記念すべき100ゴール目を祝うと、後半には華麗な個人技から2発を追加してハットトリックを達成。

 3日後、バスティアを4-0で打ちのめして優勝したフランスリーグ杯決勝戦でも、2ゴール1アシストと、2試合で計5点をぶちこんだ。

 今季は前半戦にかかとの負傷で長期離脱し、復帰後も動きは重かった。ここ最近の弾けぶりは、溜め込んだエネルギーが一気に噴出しているような感じだ。

 火を噴いているのがピッチの上だけでないのも、イブラらしいところで、2月には、禁断のシャツ脱ぎゴールパフォーマンスで全身タトゥーを披露、世界をあっと言わせたのはよかったが、イエローカードをくらって累積で2試合の出場停止。

 つい先日も審判への暴言に対する制裁として、4試合の出場停止処分が決定した。今季のリーグ戦も残すところ7節。イブラの姿を拝めるのも、そのうちの3試合のみということになる。

 そして、来たる15日のチャンピオンズリーグ準々決勝、対バルセロナ戦の1stレグも、イブラは累積警告で出場できない。

 バルセロナとは、今季グループリーグでも対戦している。9月に彼らをパルク・デ・プランスに迎えたときも、イブラは負傷中で欠場だったが、ダビド・ルイス、ヴェラッティ、マテュイディが点を獲り、3-2で勝利を収めた。

 しかしバルサOBの左SBマクスウェルは、「グループリーグの試合と今回を同じ状況とは考えないほうがいい。このレベルのゲームでは、一戦一戦がちょっとしたディテールで決まる。前回で可能だったことが次も可能とは限らない」とまったく楽観はしていない。

1 2 3

新着記事

↑top