先制されるまでプラン通りだった甲府。樋口監督「ゲームを大きく左右する失点」

2015年04月26日(Sun)5時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20150425_kofu_getty
ヴァンフォーレ甲府の樋口靖洋監督【写真:Getty Images】

 明治安田生命J1リーグ1stステージ第7節が25日に行われ、ヴァンフォーレ甲府は川崎フロンターレに0-3で敗れた。

 甲府の樋口靖洋監督は試合後、連敗中ではあったが「指をくわえて試合をするだけじゃなくて、改善するためのトライをやっていかないといけない」と、この日の狙いを明かした。

 山本英臣のボランチ起用も機能していた。しかし、先制点を奪われたことで甲府も前がかりになり、「バランスを崩さざるを得なかった」と樋口監督は振り返った。

 この1失点目は、オフサイドのようにも見える微妙な場面だった。

「判定に関してはこの場でとやかく言うことはできない」と前置きして、「前半、スルーパスを通されたのは本当にあの1回だけでした。それだけにゲームを大きく左右してしまう失点だったので悔しい」と唇を噛んだ。

 とはいえ、その後も加点されての敗戦だ。あの1点目で甲府のプランは確かに崩れたが、2失点目は自陣でボールを奪われたところから始まっている。樋口監督は「今シーズン結果が出ない時の失点の仕方」と話し、「ああいうところのミスをなくさない限り、ゲームの中でトライしても結果に表れない」と悔しさを滲ませた。

【了】

新着記事

↑top