クロップと香川が紡いだ5年間。その身は離れようとも…変わることのない愛情と信頼

ドルトムントの2014-15シーズン全日程が終了。同時にユルゲン・クロップ監督が退任した。この世界屈指の指揮官には多くの選手が師事したが、その中でも香川真司の存在は別格だった。ここでは、2010-11シーズンから続く2人の師弟関係を振り返る。

2015年06月02日(火)15時00分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
タグ: , , , , ,

移籍金約4800万円も即チームの中心となった香川

クロップと香川が紡いだ5年間。その身は離れようとも…変わることのない愛情と信頼
ユルゲン・クロップ監督【写真:Getty Images】

 ちょっとしたところに人間関係の素顔が垣間見えることがある。今季とあるドルトムントのホームゲームの後で、ミックスゾーンで香川真司が取材の受け答えをしていると、ユルゲン・クロップが通りかかった。

 クロップが香川を軽く叩いてちょっかいを出す。

 香川がはにかむ。

 隠しきれないものが本音だとするならば、この一瞬に二人の間柄が素直に現れているようだった。

 およそ5年前の2010年9月19日、ブンデスリーガ10-11シーズンの第4節、ドルトムントはアウェイでシャルケと戦う。19分、エリア手前の中央へドリブルで向かうと、香川は左足を振り抜いて先制する。

 会心のゴールに、クロップはハイジャンプして拳を宙に叩きつけた。香川は58分に追加点を決め、3-1での勝利に貢献する。試合後にクロップは香川をこう評した。

「シンジ・カガワが非常に優れたサッカー選手だということは分かっていた。ただ、これほど早く順応するとは思わなかった。まだ21歳で、家族を母国に置いて通訳だけを連れてやってきた。しかし今、彼は歴史にその名を刻んでいる」

 その年の夏、香川はブンデスリーガにやって来た。ドルトムントが35万ユーロ(約4800万円)の育成補償金を支払うことで、セレッソ大阪からの移籍は成立する。移籍金の額はチームの期待度の現れでもある。

 もちろんドルトムントは香川の才能を見抜いた上で、熱意を持って獲得した。それでもお試し感があったことは否めない。しかしダービーでのブレイクは、クロップの想像を超えるものだった。

 そしてクロップは香川の才能にますます惚れ込んで行く。キッカー紙がシャルケ戦の香川を「空に解き放たれた鳥」と評したように、躍動の香川は前半戦の全17試合に先発して8ゴールという結果を残した。

1 2 3 4

新着記事

↑top