再び世界一になるために。なでしこジャパン不動のストライカー大儀見優季が進化を続けられる理由

2015年06月22日(Mon)10時25分配信

text by ジュニサカ編集部 photo getty images
Tags: , , , , , , ,

FWとしてチームを勝たせることができなかった悔しさが自分を変えた

再び世界一になるために。なでしこジャパン不動のストライカー大儀見優季が進化を続けられる理由
北京オリンピックは、大儀見が初めて経験したオリンピックだった【写真:Getty Images】

 実は、自分の内側から「こうなりたい」「こう変わっていきたい」というイメージを具体的に持ち、はっきり自分の意志で目標を描けるようになったのは、2008年の北京オリンピックが終わってからのことだ。

 北京オリンピックは、私が初めて経験したオリンピックだった。小学生の頃から「オリンピックに行きたい」という目標は持っていた。だから、北京オリンピックの日本代表に選ばれたときは本当に嬉しかった。だが、それはどちらかというと「安堵感」のほうが大きかった。

 これでやっと周りの人に認めてもらうことができる。親の期待に応えることができる。今考えると、「オリンピックに行く」という当時の目標は、自分の内から湧き出る目標ではなく、他人から与えられた目標だったのかもしれない。

 自分がその目標を達成したいというよりは、周りから期待されて、その期待に応えたいという想いが、私の一番の気持ちだった。

 だからこそ、これほど大きな目標を達成したにもかかわらず、心の底からの喜びではなく、安堵感が勝ったのだ。とはいえ、私にとってオリンピックの舞台は、夢であったことに間違いない。

 その夢の舞台で、私たちは3位決定戦にまで進んだが、そのメダルをかけた戦いに勝つことはできなかった。その瞬間、今までになかった感情が芽生えた。

 自分がFWとして、チームを勝たせることができなかったことへの悔しさ、衝撃の大きさが私を変化させたのだ。そのとき、自分の中で、確かに何かが動いた……。それは、単なる悔しさとは違う感情だった。

「苦しい試合でもチームを勝たせることのできるFWになりたい」

 このとき、本当の意味で、自分の内から湧き出る目標に出合うことができたように思う。

 それからは、良いときも悪いときも、サッカーを心から楽しめるようになった。

1 2 3

新着記事

↑top