再び世界一になるために。なでしこジャパン不動のストライカー大儀見優季が進化を続けられる理由

2015年06月22日(Mon)10時25分配信

text by ジュニサカ編集部 photo getty images
Tags: , , , , , , ,

目標は自分自身で設定するものだからこそ意味がある

再び世界一になるために。なでしこジャパン不動のストライカー大儀見優季が進化を続けられる理由
次々に目標があふれてきた大儀見【写真:Getty Images】

 同じサッカーなのに、感じる「楽しさ」が、それまでとは全く違った。サッカーで感じる喜びが、本物になった瞬間でもあった。

 周りの期待に応えることを前提にがんばってきたそれまでとは違い、自分の意志で「こうなりたい」という目標に向かっていけるようになったのだ。与えられた目標ではなく、自分が定めた目標に向かう。

 当然ながら、苦しいことを乗り越えるときのパワーも格段に増してくる。楽しさが違えば、練習の取り組み方も変わってきた。成長したいという一心で、次々に目標があふれてきた。

 自分の意志、自分の本当の思いで、すべての目標を設定するようになったことで、何もかもが変わっていった。

 一つひとつを達成できることが嬉しくて仕方ないし、極端なときは自然と笑ってしまったりもする。「ハッピー」と心の底から思えるようになり、自然とサッカーをしているときの笑顔が増えていった。

 さらに、周りの期待に応えることに対しての喜びの感じ方も変わってきた。以前は、期待に応えたことで感じるのは安堵感だったが、今は違う。

 自分が目標を達成したことによって、周りの期待に応えられたこともハッピーだと思えるようになり、さらに、ハッピーになってくれる人がいることも、素直に嬉しいと思えるようになった。その人たちの存在がパワーにもなっている。

 他人から与えられた目標ではなく、自分自身で定めた目標だからこそ、本当の意味での達成感を感じられるようになったのだ。

 自分自身で目標を定め、それに向かって突き進んでいくことは、人生をよりハッピーに感じさせてくれるし、その目標を達成したときの喜びをより大きなものにしてくれる。

【了】

プロフィール

大儀見優季(おおぎみ・ゆき)
1987年7月15日生まれ。神奈川県出身。兄の影響を受け、林サッカークラブでサッカーを始める。2000年、日テレ・メニーナに入団。03年に日テレ・ベレーザに昇格し、翌年に日本代表Aマッチデビュー。11年には日本代表をFIFA女子ワールドカップ優勝に導く活躍をみせ、15年になった現在もなでしこジャパン不動のストライカーとして君臨する。

1 2 3

新着記事

↑top