再び世界一になるために。なでしこジャパン不動のストライカー大儀見優季が進化を続けられる理由

現在カナダで開催されている女子ワールドカップ。なでしこジャパンは、グループリーグ3連勝で首位通過を決め、大会連覇に向け順調な戦いぶりを見せている。そのなかで主力として活躍を続けている大儀見優季。かつて彼女が著書で語った夢を実現するための極意に耳を傾けてみる。(『大儀見の流技 アスリートとして、女性として輝くために』より転載)

2015年06月22日(Mon)10時25分配信

text by ジュニサカ編集部 photo getty images
Tags: , , , , , , ,

目標を達成しようと努力するだけで人は成長する

再び世界一になるために。なでしこジャパン不動のストライカー大儀見優季が進化を続けられる理由
大儀見優季【写真:Getty Images】

 目標を立てて、その目標を達成できたとき、私は喜びを感じる。その目標を達成しようと努力するだけで、人は成長することができる。

 しかし、他人から与えられた目標を達成したときと、自分自身が定めた目標を達成したときとでは、その喜びの種類は少し違ってくるように感じる。

 その目標が、自分が心から達成したいと思えるものでなければ、結局は自分の本当の喜びにはならないのではないだろうか。

 私は、自分からやりたいといってサッカーを始めたわけではなかった。小学生のときになんとなく始めて、親に「やるからには高いレベルを目指せ」と言われたので、「それを目指さなくてはいけないんだ」という思いで必死にがんばっていたところがあった。

 高いレベルを目指すために、「日本代表になりたい」「アメリカに行って、プロサッカー選手になりたい」という目標を立てたりもした。

 しかし、今考えるとそれは、親から言われた「高いレベル」の中で、自分なりに考えた一番上を目標にしたにすぎなかったのだ。

 私が一つひとつ目標を達成することで、親は喜んでくれた。親を喜ばせることが、自分の使命だと考えていたところも少しある。もちろん、サッカーは嫌いではなかったし、好きな気持ちはもちろんあった。ただ、サッカーを心の底から楽しめていなかった。

 だから、正直に言うと、設定した目標を達成しても、心の底から「ハッピーだ!」とは思えていなかったのかもしれない。

1 2 3

新着記事

↑top