1stステージ最下位も清水FW大前「ブレちゃいけない」

2015年06月28日(Sun)5時00分配信

photo Dan Orlowitz
Tags: , , , ,

20150628_oomae_dan
大前元紀【写真:ダン・オロウィッツ】

 明治安田生命J1リーグ1stステージ最終節が27日に行われ、清水エスパルスはFC東京に2-3で敗れた。

 自陣でのミスからゴールを奪われるという手痛い失点を喫したが、51分には大前元紀がこぼれ球を押し込んで同点に追いついた。

 大前はこの日も攻撃の柱として気を吐いた。「試合を通じて起点は作れた」と話し、同点弾についても「綺麗なゴールではなかったですけど決められて良かった」と振り返っている。

 それでも勝ち点3を掴むことはできず、 最下位で1stステージを終えることになってしまった。だが大前は「結果は2-3の負けで悔しいですけど、正直勝てたと思う」と、清水にも勝利のチャンスはあったと悔しさをにじませた。

 若い選手が主体となり、複数人が絡みながらしっかりボールを動かすサッカーは浸透している。結果は出ていないが「自信を持ってやっていけば勝てるんじゃないか」と、大前は2ndステージに向けて明るい材料があることを強調した。

 そして自信を掴むためにも「ブレちゃいけない。自分たちのサッカーをやれば負けても収穫はある」と前を向いた。

【了】

新着記事

↑top