逆転負けは自滅。代表デビューの武藤が敗因を指摘「一つのミスでやられてしまう」

2015年08月02日(Sun)23時36分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

逆転負けは自滅。代表デビューの武藤が敗因を指摘「一つのミスでやられてしまう」
武藤雄樹【写真:Getty Images】

【日本 1-2 北朝鮮 EAFF東アジアカップ2015】

 日本代表は2日、中国・武漢で開催中の東アジアカップ初戦に臨み、北朝鮮代表と対戦して1-2で逆転負けを喫した。

 この試合に先発出場して日本代表デビューを果たした武藤雄樹は、3分に先制ゴールを挙げて早速結果を残した。しかし、「後半は特に高さやパワーで押し込まれてしまったので、そこはもっともっと修正しないといけないと思いますし、もう1点決まれば試合を終わらせることができたので、もったいないゲームだった」と敗戦を悔やむ。

 大事な初戦を落とした一番の要因にセカンドボールを取れなかったことを挙げた武藤。「相手のパワー、高さでディフェンスラインが下がってしまいましたし、それに対してもうちょい前が下がってセカンドボールを取ってあげないと、ただクリアするだけになってしまって、そこからどんどん放り込まれてしまった」と述べ、自滅だったことを指摘した。

 アジアでは日本に対してロングボールを蹴りこんでくる国は多い。北朝鮮に関してもスカウティングをしていたというが、「これからの相手もそういう攻撃をしてくると思うので、次はしっかり抑えられるように、チームでしっかりと考えたい」と次戦に向けて気を引き締める。

 そして武藤は「こうやって世界と戦えば一つのミスでやられてしまうと思いますし、もっともっとレベルを上げないといけない」と、代表という最高峰の舞台で感じた刺激を糧にさらなるレベルアップを誓った。

【了】

新着記事

↑top