レスターはCL出場に注意が必要! プレミア優勝もまだ疑わしい【ジェイが斬る!欧州サッカー 09】

J1でもジュビロ磐田でゴールを量産しているFWジェイ。プレミアリーグの経験が豊富な彼は、欧州最高峰のリーグをどう見ているのか? 現役のイングランド人選手が語る“プレミアトーク”を、どうぞお楽しみに!(文:ジェイ・ボスロイド)

2016年04月16日(Sat)10時00分配信

text by ジェイ・ボスロイド photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

新メンバーが入っても連携のとれていたイングランド代表

レスターのFWヴァーディー
レスターのFWヴァーディー【写真:Getty Images】

「さて、現在のプレミアリーグはレスターの快進撃が続いているけど、まずはイングランド代表についての話をしよう。レスターのヴァーディーも出場していたからね。

 3月26日のドイツ代表戦は、親善試合とは思えないすごくいい試合だった。この2国はライバル心が強く、100%の力をぶつけ合う。イングランドは新しいメンバーも多く、あまり一緒にプレーしていないにもかかわらず、驚くほど連携がとれていた。素晴らしいパフォーマンスだったね。

 0-2から逆転するのは正直、予想していなかった(編注:スコアは3-2でイングランド勝利)。ドイツは何人かの選手を交代させてきたが、それでも試合をコントロールし続けると思っていたよ。イングランドはニューフェイスの起用や選手交代で、普段プレミアリーグでプレーしている選手たちが国際試合の舞台で結果を出すことができた。

 先発したスパーズのデレ・アリもその1人。前に出て行ってゴールも決められる選手で、フランク・ランパードの後継者と言われている。ポテンシャルがあるし、安定して良いプレーを続けている。あとはそれを続けることだ。成長し続けていけば、イングランド代表でもクラブでも貢献することができるだろう。

 ただ、スター選手と言うにはまだ早い。トップリーグでフルシーズンを戦うのは今季が初めてだしね。1年間だけ活躍した選手は山ほどいる。しかし、トップレベルになるためにはコンスタントな活躍が不可欠だ。ジェラード、スコールズ、ランパードらはそうだった。

1 2 3 4

新着記事

↑top