アトレティコのフォーメーションは“世界最強の4-4-2”。シメオネが解決した構造的弱点。3段式の守備構築【西部の4-4-2戦術アナライズ】

アトレティコが躍進して以降、復活の感があるフラットな4-4-2システム。だが、昨今各国リーグで成果を上げている4-4-2は、以前のそれとは様相が異なっている。本連載では、「4-4-2」に焦点をあて、同システムを採用するチームの戦術を分析していく。今回は、チャンピオンズリーグ決勝に出場するアトレティコ・マドリーの戦いぶりを紐解く。(文:西部謙司)

2016年05月25日(Wed)11時01分配信

シリーズ:西部の4-4-2戦術アナライズ
text by 西部謙司 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

8人ブロックを10人に増員したアトレティコ

【図1】4-4-2の8人を線で結ぶと3つの四角形ができる
【図1】4-4-2の8人を線で結ぶと3つの四角形ができる

 バルセロナとレアル・マドリーの二強リーグだったリーガ・エスパニョーラは、アトレティコ・マドリーの台頭で三強に変化した。スペインの両雄に肩を並べたアトレティコは、自動的にCLでも優勝候補の一角である。

 バルサ、レアルに対抗するための堅守速攻に徹したプレースタイル。基本システムは4-4-2、この型のチームとしてはおそらく世界最強だろう。

 アトレティコは2トップを守備組織に組み込んで、従来の8人ブロックから10人に増員して守備を強化した。「間受け」と「ニアゾーン」という4-4-2の構造的な弱点を克服しているのも大きい。

 ゾーンディフェンス攻略のポイントは、MFとDFの間へパスをつなぐ「間受け」だ。MF4人とDF4人、この8人を線で結ぶと3つの四角形ができる(図1)。それらの中心にパスをつながれると、周囲の守備者4人はそこへ向かって収縮する。

 収縮することでボール保持者への圧力は強まるが、それだけ周囲にはスペースが空く。収縮してボールを奪いとる前に、広がったスペースへボールを逃がされてしまうと、守備のバランスが崩れやすくなる。もちろん絵に描いたように四角形が3つできているわけではないし、「間」へパスを入れられたときに周囲の4人全員がボールへ向かうわけでもない。

 だが、「間受け」をされると守備側がポジション修正を迫られる。そのぶん攻撃側に使えるスペースが生まれ、守備側には不利な状況になっていく。ごく単純化すると、守備側のFWとMFの「間」へつなぎ、さらにMFとDFの「間」へつなげば、次のパスでディフェンスラインの裏へ入ることも可能なのだ。

 アトレティコは、この構造的な弱点をかなりの程度潰すことに成功している。

1 2 3 4

新着記事

↑top