長谷部、チームは収穫と課題が見えたが「総合的に見て素晴らしいゲームをした」

2016年06月04日(Sat)6時50分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20160603_hasebe_getty
長谷部誠【写真:Getty Images】

【日本 7-2 ブルガリア キリンカップ】

 日本代表は3日、キリンカップ準決勝でブルガリア代表と対戦し、7-2で勝利した。

 この日もキャプテンマークを巻いた長谷部誠は、76分に遠藤航と交代するまで中盤の底で奮闘した。

 前半早々に先制点を奪ったことで優位な展開に持ち込むことに成功したハリルジャパン。次々にネットを揺らした攻撃面については「いい場面がいくつも見られた」と話す一方、「守備では失点を含め危ない場面も多少あった」と課題を述べた。

 事前のスカウティングで、ブルガリアのサイドのスペースが空くことはわかっていたという。それもあって正確なキックで大きな展開を心がけ、チームを動かしていった。だが「タテに入れるボールやダイレクトでのプレーはもう少しできた」と満足していない。

 そして、後半はブルガリアの反撃を許し、日本もボールの奪いどころが定まらなかった。「サイドに出させてというセオリーがあまり徹底されてなかった。また、相手にしっかり(アプローチにも)行けていなかった」と劣勢の時間帯を振り返った。

 良い部分と悪い部分が出た試合だったが、結果は7-2。ゴールまでの過程も評価されるべきで、長谷部も「総合的に見て今日は素晴らしいゲームをしたという風に思っていい」とした。

 決勝戦も本田圭佑が欠場する可能性はあり、この日は香川真司が前半途中で負傷交代を余儀なくされた。2大エースを欠くかもしれないが、ハリルジャパンのキャプテンはこう語った。

「メンバーが変わっても自分たちがいい形でゲームをしたい。層の厚いチームはそういうことができると思う。次ももちろん試されていると思うし、守備の部分でもゼロに抑えたい」

(取材:元川悦子)

【了】

新着記事

↑top