C大阪、新外国人にマケドニア代表FWを獲得か。合意間近と現地メディア報じる

2016年07月13日(Wed)18時56分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

アブドゥライミ
マケドニア代表FWベサルト・アブドゥライミ【写真:Getty Images】

 J2のセレッソ大阪は、新たな外国人選手を獲得することになるかもしれない。ベルギーメディア『Voetbal Nieuws』が報じている。

 名前が挙がっているのは、ジュピラーリーグ(ベルギー1部)のKSCロケレンに所属するマケドニア代表FWベサルト・アブドゥライミだ。

 25歳のアブドゥライミは、昨季はカザフスタンのアスタナに期限付き移籍しており、この夏に再びロケレンに復帰。しかし、クラブは再び他クラブへレンタル移籍させるだという。同メディアは、合意が近づいているとも伝えている。

 アブドゥライミはユース年代ではクロアチア代表に選出されていたが、2014年にマケドニア代表としてA代表デビュー。ここまで12キャップを記録している。センターフォワードと左右のウイングをこなす右利きのアタッカーのようだ。

 C大阪はFWブルーノ・メネゲウが中国の長春亜泰に移籍したことで、攻撃陣の穴がひとつ空いていた。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top