ダークホースを迎えるミラン。好調2チームの共通点と、指揮官が考える勝敗の鍵

現地時間17日、ミランはセリエ第17節で本拠地サン・シーロにアタランタを迎える。セリエA前半戦で好調だった2チームには、いくつかの共通点があった。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

2016年12月17日(Sat)15時20分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

充実の前半戦を過ごすミランとアタランタ

フェデリコ・ガリアルディーニ
注目の若手フェデリコ・ガリアルディーニ【写真:Getty Images】

 17日、ミランはホームでアタランタと対戦する。「我われも彼らも好調で、両方ともにいい時に当たる。特にテストとは考えない。テストなら毎回の練習でしているし、なにより上位対決だ」とミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は16日の記者会見で語った。

 この前半戦のセリエAで快進撃を続けたミランだったが、アタランタもダークホースともいうべき活躍をしている。現在勝ち点28で6位。強豪喰いも目立ち、第7節にはナポリを、第9節にはインテルをそれぞれ破っている。現在はユベントス、ウディネーゼに連敗を喫しているが、「それでも内容は良かった」とモンテッラ監督は警戒を隠さない。

 好調には、ミランと共通の要因がある。まずは、若手が育ってきていること。もともと優秀な下部組織を備え、数々の名選手を輩出したことで知られたクラブだが、今は新たな黄金世代の選手たちが台頭してきている。代表にも入ったMFロベルト・ガリアルディーニに、DFアンドレア・コンティ、マッティア・カルダーラの94年生まれ組は主力として成長。コートジボワールのフル代表にも名を連ねている19歳のMFフランク・ケッシーは中盤ながらに5ゴールを決めて、次の移籍市場の目玉とも目されている。

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top