「鹿島から多くの才能が現れた」伊紙が”目を奪われた”選手として柴崎などを紹介

2016年12月20日(Tue)13時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

柴崎岳
大きな活躍を見せた柴崎岳【写真:Getty Images】

 クラブW杯決勝が18日に開催され、鹿島アントラーズはレアル・マドリーと対戦し延長戦の末に2-4の敗戦を喫した。惜しくも優勝を逃したが、伊メディア『il pallonaro』はこれまでの鹿島の戦いぶりを評価している。

 まず最初に「クラブW杯で鹿島から多くの才能が現れた」とタイトルをつけ「4試合の中で”目を奪われた”鹿島の選手を分析する」とした。

 マドリー戦で2ゴールを決めた柴崎岳に関しては「間違いなく、誰よりもブロンズボールに値した選手は柴崎岳だ。1992年生まれのMFは、必要であれば外からでも攻撃できる柔軟性を持っている」とコメントし、同選手の活躍を称賛している。

 また、昌子源と植田直通については「決勝で4失点したものの、トーナメント全体を考えると、昌子と植田のコンビは表彰できるほど信用に値するプレーだった」と、粘り強い守備で貢献した両選手を称えている。

【了】

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top