レ・コン・ビン、31歳にして会長に就任。ベトナムの英雄の挑戦。札幌で学んだ「プロフェッショナル」

2016年末にAFFスズキカップを最後にベトナム代表から引退したレ・コン・ビンが1部リーグホーチミン・シティの会長に就任した。31歳という異例の若さで会長になったレ・コン・ビンは「プロフェッショナル」という言葉を口にしており、これは日本でプレーした経験が生かされているようだ。31歳の会長の挑戦はまだ始まったばかりだ。(取材・文:宇佐美淳【ホーチミン】)

2017年01月28日(Sat)10時01分配信

text by 宇佐美淳 photo Getty Images
Tags: , , ,

レ・コン・ビン、31歳でクラブの会長に

レ・コン・ビン
ホーチミン・シティの会長に就任したレ・コン・ビン【写真:Getty Images】

 東南アジア人初のJリーガーとして、2013年に当時J2のコンサドーレ札幌でプレーした元ベトナム代表FWレ・コン・ビンが同国1部ホーチミン・シティ(HCMC)の新会長に就任した。レ・コン・ビンは昨年末、12年に及ぶ現役生活に別れを告げたばかり。31歳という若さでの会長就任は異例のことだ。

 国際Aマッチ出場85試合51得点といずれもベトナム代表の歴代最多記録を誇る“ベトナムの英雄”レ・コン・ビンは、昨年末のAFFスズキカップ2016を最後に惜しまれながらも現役引退。

 当初は所属クラブであるベカメックス・ビンズオンとの契約が1年残っていたことから、代表を退くだけで、2017年シーズンまでは現役を続けると見られていたが、若返りを図るクラブから契約解除を言い渡され、現役を退くことを決意した。

 引退後の動向については、指導者転身や大学への進学、はたまた人気歌手トゥイ・ティエンを妻に持つことからショービズ界デビューなど様々な噂が飛び交ったが、今年に入ってから突然、HCMCの会長に就任することが発表された。

 HCMCは2012年に設立。これまではホーチミン市サッカー連盟(HFF)が運営してきたが、昨季の2部ディヴィジョン1(Vリーグ2)で優勝して1部昇格を決めると、初の1部リーグ参戦にあわせてホーチミン市サッカー株式会社を設立。

 HFFは、国内最大の経済都市ホーチミン市で地元ファンに長く愛されるクラブを作ろうとしており、ベトナムサッカー界で今なお最も影響力の強いレ・コン・ビンをフロントに招き入れることを決めた。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top