ローマ、ブラジルの有望株が残留。リールは代わりにラツィオの若手を獲得

2017年02月01日(Wed)20時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ジェルソン
ジェルソン【写真:Getty Images】

 ローマのMFジェルソンは、今冬の移籍市場でリールへ行くものと思われた。しかし、この取引は成立せず、リールは移籍市場の最終日にラツィオからFWリカルド・キシュナを獲得している。伊『ANSA通信』などが伝えた。

 昨年夏にローマの一員となった19歳のジェルソンには大きな期待が寄せられていたものの、ルチアーノ・スパレッティ監督の信頼を得ることができず、ここまで公式戦では約400分間しかプレーしていなかった。

 そこで、ローマは同選手のレンタルを検討。レンタル料300万ユーロ(約3億7000万円)、完全移籍オプション1300万ユーロ(約16億円)で、リールへの移籍が合意に達した模様と報じられた。だが、選手本人がリールの提示した条件に満足せず、取引が破談に終わったという。

 期待のブラジル人を逃したリールは、すぐに目標を切り替えてラツィオと接触。出場機会に恵まれない22歳のオランダ人FWのレンタルにこぎ着けた。

 リールは現在、リーグアンで11位につけている。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top