名波ジュビロの新たな姿。指揮官が覚えた感動。5連勝、1-0白星生んだ勝利への執着心

8日、明治安田生命J1リーグ第18節が行われ、ジュビロ磐田はヴァンフォーレ甲府に勝利した。後半の45分間はアウェイチームに押し込まれる時間が長かったサックスブルーだが、前半に奪った先制点を守りきり1-0で勝利。厳しい展開をしのいでの勝ち点3は、名波浩監督にとっても感慨深いものとなったようだ。(取材・文:青木務)

2017年07月10日(Mon)11時29分配信

text by 青木務 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

1-0での勝利。「後半の戦い方には感動した」(名波浩監督)

ジュビロ磐田の名波浩監督
ジュビロ磐田の名波浩監督【写真:Getty Images】

 毎試合、複数得点を取れれば気持ちがいいだろう。しかし、『チームの強さ』を測る要素はそれだけではない。苦しみ抜いての勝利も充実感が得られるはずで、そうした内容で掴み取った歓喜もまた格別なものである。

 明治安田生命J1リーグ第18節、後半戦の初戦となったヴァンフォーレ甲府戦をジュビロ磐田は1-0で切り抜けた。今シーズン初となる“ウノゼロ”は、これまでとは違うチームの姿を映し出している。サックスブルーのゲームは見るべきものがあった。

 前々節までは、全員が守備の意識を強く持つことで相手の攻撃力を削ぎ、素早い切り替えから川又堅碁、アダイウトンを走らせ一気にゴールを目指した。虎視眈々と追加点を狙う姿勢も、相手をけん制していた。つまり、攻守一体のパフォーマンスが連勝の原動力だった。

 この試合も先制したのは磐田で、その後も2点目を目指してはいたが、後半は甲府に主導権を握られる。

「相手は後半出てくるぞ、人数をかけてくるぞとハーフタイムに伝えていた。案の定、スピードも上げてきたと思うし、危ないシーンがいくつかあった」

 名波浩監督が述べたように、ボールを動かされ、何度かバイタルエリアに侵入された。ミスに助けられたがPA内で相手をフリーにさせてもいる。

 しかし、ゴールを奪われることはなかった。相手のシュート精度が低かったこともあるが、強調すべきなのは『守りきろう』というイレブンの決意と実行力だ。ブロックを作り、相手を監視し、要所で身体を投げ出す。甲府のお株を奪うような懸命な守りで試合を終わらせた。

「後半の戦い方には感動した」

 試合後のロッカールームで、指揮官は選手たちを労ったという。

1 2 3 4

新着記事

↑top