【英国人の視点】広島、監督交代で浮上なるか。極度の不振からの脱却へ。新指揮官が植えつけるべき自信

7月3日付で森保一前監督が退任したことを発表したサンフレッチェ広島。森保監督は就任から5年間で3度のリーグ制覇を成し遂げていたものの、2017シーズンは不振にあえぎ辞意を申し出たという。新監督にはクラブOBであるヤン・ヨンソン氏が着任すると10日に発表されたが、新体制でチームを立て直すことはできるだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

2017年07月12日(Wed)11時30分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

おそらくはトップの入れ替えが最善の決断

サンフレッチェ広島の監督を退任した森保一氏
サンフレッチェ広島の監督を退任した森保一氏【写真:Getty Images】

 変化と休息にはどちらも同じくらい価値があると言われる。J1が3週間の中断を迎えるにあたり、サンフレッチェ広島はここまでの散々なシーズンの流れを変えるため、その両方を実行することになった。

 2015年に4年間で3度目という国内王者のタイトルを獲得したのはそう昔のことではないが、「紫の矢」は2017年の前半戦に極度の不振に陥ってしまった。7月1日の浦和レッズ戦に3-4の敗戦を喫したあと、森保一監督はもはやここまでと判断し、自らの体に刃を突き立てる決断を下した。

 退任を決意した森保監督は、広島が降格圏に沈むに至った結果の責任を自ら取ることを主張したが、一方で選手たちは自分たちに大いに責任があると口にしている。たとえばFWアンデルソン・ロペスは、“森保以後”の初戦となった7月8日の横浜F・マリノス戦とのアウェイゲームを終えたあと、責任の90%はピッチ上の自分たちにあると語った。

 実際のところ、責任の割合を決めることはこの場合必要ではないだろう。森保監督と広島の間では単純に、様々なことが自然と流れから外れてしまったと言う方がよりフェアなことだ。

 48歳の指揮官は、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の後を引き継いで以来の5年半で素晴らしい仕事を成し遂げてきた。だが毎シーズンのように主力選手が去り、チームに残った主軸は年々歳を取っていく中で、クラブは監督にも選手たちにも断ち切ることが不可能な反復サイクルに陥ってしまったかのようだった。

 こういったケースでは、簡単な決断ではないとしても、おそらくはトップの入れ替えが最善の決断ではあるだろう。新鮮な顔をベンチに置き、新たなアイディアや新たな練習法を導入し、控え選手たちにもアピールのチャンスを与える。

 レギュラー選手たちにも、ポジションを維持するのにふさわしい力があることを新監督に納得させる必要があるというプレッシャーを課す。今月末にリーグが再開されるまでに、そういった全てのことがチームを再び活気づけるかもしれない。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top

        プッシュ通知で最新情報をお届けします

        通知許可ポップが表示されたら
        許可ボタンを押してください

        • 後で
        • 最新情報を受け取る