ハリルJが警戒すべきオーストラリア代表5選手。“天敵”ケーヒル以外も要注意!

2018年ロシアW杯アジア最終予選を戦っている日本代表。8月31日には勝てば本大会への切符を手にするオーストラリア戦に臨む。ハリルジャパンは“サッカルーズ”ことオーストラリア代表の誰を警戒すべきなのだろうか。オーストラリア在住の記者が要注意人物5人をピックアップする。(取材・文:植松久隆)

2017年08月29日(Tue)16時31分配信

text by 植松久隆 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

プレミアでチャンス掴んだ「GK大国」の気鋭

オーストラリア代表のGKマシュー・ライアン
オーストラリア代表のGKマシュー・ライアン【写真:Getty Images】

 今回、フットボールチャンネル編集部からは既に来日したサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)の要注意選手を5人挙げて欲しいとの依頼が来た。それはそれで、さほど難しくはない。

 一般的な日本のサッカーファンが名前と顔を一致して覚えているサッカルーズの選手たち上位5人を最重要選手として挙げても、ほぼ間違いはない。しかし、それでこの原稿を仕上げてしまうのはあまりにも乱暴だ。当然ながらもう少し掘り下げる。

「豪州代表の選手で誰を知っていますか?」という質問をぶつけると、おそらくティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)の知名度がダントツだろう。日本の“天敵”ケーヒルについては、わざわざ私がここで書かずとも他で取り上げるはずだ。

 実際、有力スポーツ紙の28日付の一面では、どアップの彼が親指を立てていた。ここでは、あえて彼にはお休みいただいて、他の22名から5名を選出しよう。

 このチームの核となる選手は、はっきりしている。23名のメンバー発表時にもアンジ・ポスタコグルー監督は、欧州の高いレベルでプレーしている選手への信頼は揺るがないとして、具体的な名前をいくつか列挙した。

 その選手たちも代えの利かない選手たちということになる。その時には、守護神のマシュー・ライアン、司令塔のアーロン・ムーイとトム・ロギッチ、そしてマシュー・レッキーの名前も挙がった。

 世界最高峰のイングランド・プレミアリーグでプレーしている時点で前述の内の最初の2人が実力上位なのは当然のことだ。この2人に関しては当然ながら要注意選手に挙げる。

 まずは守護神のライアン。あまり知られていないが、豪州は「GK大国」だ。黄金世代と呼ばれたハリー・キューウェルの世代には、プレミアで長くプレーしたマーク・シュウォーツァー、マンチェスターユナイテッドの正GKだったこともあるマーク・ボスニッチ、ACミランなどでプレーした“スパイダー(蜘蛛)”ことゼリコ・カラッチなど素晴らしいGKを続々と輩出した。

 その中でも、豪州代表の歴代最多キャップ保持者でもあるシュウォーツァーは長年、代表チームのゴールマウスに君臨し続けた絶対的守護神だった。現在でも守護神のライアン以下、代表クラスのGKの5番手くらいまではかなりの実力者揃いで、代表の3枠を争う競争はいつも熾烈だ。

1 2 3 4

新着記事

↑top