植松久隆

1974年生まれ。福岡県出身。豪州ブリスベン在住。成蹊大学文学部卒業後、一般企業勤務を経て、2003年に渡豪。現地邦字紙・日豪プレスに勤務のかたわら、豪州サッカー事情に関しての執筆を始める。一時帰国を経て、06年に再渡豪。07年からフリーランスとして本格的に活動開始、現在に至る。自称“豪州番記者”として、豪州サッカーを日本に発信するというニッチな役回りを地道にこなしている。日豪プレス掲載のコラム「日豪サッカー新時代」は、豪州サッカー好きに愛されて好評連載中。

ハキーム・アル・アライビ

あるサッカー選手が“死”に直面した3ヶ月。幸せの絶頂から奈落の底へ…国際世論をも動かした大事件とは

日本ではほとんど報じられることはなかったが、世界中である1人のサッカー選手を救うための運動が活発に行われていた。オーストラリアで政治難民として認定されたバーレーン出身のハキーム・アル・アライビは、およそ3ヶ月にわたってタイで不当に拘束され、まさに“死”に直面していたのである。いったい何があったのか。そして、我々が胸に刻んでおくべきこととは。(取材・文:植松久隆)

ウサイン・ボルト

「ボルト騒動」はなぜ長引き、なぜ幕を下ろしたのか? 世界最速の男をめぐる“大人の事情”

オーストラリア・Aリーグがかつてないほどに世界的な注目を浴びた。セントラル・コースト・マリナーズは、練習生として帯同していた陸上短距離界の元世界王者ウサイン・ボルトと正式な契約を結ばないことを発表した。この結論が出るまでに多くの時間を費やした理由とは。(文:植松久隆)

アジア

今すぐJリーグに呼ぶべきアジアの新星は誰か? 各国に精通する記者が若手有望株を厳選【編集部フォーカス】

今年、Jリーグにはタイから5人の有力選手たちが送り込まれ、そしてピッチの上で数字を残している。ならば、彼らに続く新星は誰なのか。アジア各国から厳選した若手有望株を紹介したい。『アジアフットボール批評 special issue07』(10月15日発売)から一部抜粋。(文:植松久隆、長沢正博、宇佐美淳)

本田圭佑

「本田圭佑」をどう思う? 豪州識者の本音を知る5つの質問。前代未聞の兼任はどうなる

豪州Aリーグの強豪メルボルン・ビクトリーに加入した本田圭佑。早ければ21日には国内カップ戦で公式戦デビューの可能性もある。そしてほぼ同時に発表されたのが、カンボジア代表のGM、つまり実質的な監督就任だった。現役選手と代表監督、前例のない”二足のわらじ”はうまくいくのか。豪州サッカーを追いかける現地の識者たちが、本音で本田への期待を語った。(取材・文:植松久隆)

本田圭佑

本田圭佑のカンボジア代表監督就任は「豪州を軽く見ている」のか? 前例なき優遇を正当化するには

メキシコ1部のパチューカを退団し、オーストラリアへと新天地を求めた本田圭佑。メルボルン・ビクトリー加入の次に発表されたのは、まさかのカンボジア代表GM兼監督就任だった。現役選手としては異例中の異例とも言える挑戦は、オーストラリア国内でどのように受け止められているのだろうか。(文:植松久隆)

ポステコグルー ベリーシャ

ポステコグルーと愛弟子ベリーシャ、Jで再び交差する運命。横浜FM指揮官と広島FWの絆

Jリーグで豪州サッカーの歴史を築いた2人が再会することとなった。横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督と、サンフレッチェ広島に所属するコソボ代表FWベサルト・ベリーシャは、指揮官と選手という関係でAリーグに偉大な足跡を残した。本田圭佑のメルボルン・ビクトリー移籍で注目を集める豪州と日本が繋いだ不思議な縁と、2人の真価に迫った。(取材・文:植松久隆)

本田圭佑

本田圭佑、豪州移籍の現実味。交渉認めたメルボルン・V、孤高のスターを欲する補強事情

メキシコ1部のパチューカを退団してから、未だに新天地が決まっていない日本代表MF本田圭佑。ここにきてオーストラリア移籍の話が進み始めているようだ。かつて小野伸二らがプレーしたAリーグに、日本のスター選手が降り立つのか。移籍先の最有力とされるメルボルン・ビクトリーが置かれた状況から今後の動きを読み解く。(文:植松久隆)

本田圭佑

本田圭佑、豪州移籍報道の深層。Aリーグが熱望するスター選手獲得、両者の思惑も一致

メキシコ1部のパチューカを退団した日本代表MF本田圭佑だが、新天地はまだ決まっていない。様々な可能性が噂される中、最近ではオーストラリア行き濃厚とする報道が目立ち始めた。かつて小野伸二やアレッサンドロ・デル・ピエロらがプレーしたAリーグ参戦はどれほど実現可能性があるのか。現地サッカー界の事情に精通する記者が迫った。(取材・文:植松久隆)

オーストラリア代表

豪州代表、新体制でコロンビアに善戦。W杯で同組の日本につながる勝利への糸口

ベルト・ファンマルワイク監督とともに再出発を図るオーストラリア代表は、3月の欧州遠征2連戦で新体制の初陣を飾った。1戦目でノルウェーに惨敗を喫してロシアワールドカップへの不安を覗かせたが、2戦目はコロンビア代表とスコアレスドロー。内容面では課題を残しつつも、コロンビア代表とワールドカップで対戦する日本代表にとっても示唆に富む一戦となった。(文:植松久隆)

野沢拓也

野沢拓也と田代有三、豪州でホットライン復活。二人三脚で上るAリーグへの階段

オーストラリアの地で常勝・鹿島アントラーズを支えたコンビが再会した。昨年から田代有三がプレーしていた2部相当のウーロンゴン・ウルヴズに、ベガルタ仙台を退団してフリーになっていた野沢拓也の加入が決まった。将来のAリーグ参入を目論む古豪の命運は2人の日本人が握っている。(取材・文:植松久隆【オーストラリア】)

コナー・オトゥール

高校サッカー育ちのAリーガー。日豪ハーフの20歳、コナー・オトゥールの人生を変えた出会い

先日、楠神順平がウェスタンシドニー・ワンダラーズを退団して、オーストラリアのAリーグでプレーする日本人はいなくなった…。しかし、実は日本にルーツを持つ選手が他にもいる。そのうちの1人、ブリスベン・ロアに所属するコナー・オトゥールは、珍しい経歴の持ち主だった。様々な出会いに導かれ、夢だったプロへの道を切り開いた20歳の今に迫った。(取材・文:植松久隆【ブリスベン】)

ティム・ケーヒル

未だ監督不在のオーストラリア。ケーヒルに頼らないチーム作りを【ロシアW杯全32チーム紹介】

6月14日に開幕する2018FIFAワールドカップロシア。グループリーグの組み合わせも決定し、本大会に向けて期待感は高まるばかりだ。4年に一度開催されるサッカーの祭典には各大陸予選を勝ち抜いた32チームが参加する。フットボールチャンネルでは、その全チームを紹介していきたい。今回は監督の電撃辞任に揺れるオーストラリア代表を取り上げる。(文:植松久隆)

新着記事

FChan TV

↑top