植松久隆

1974年生まれ。福岡県出身。豪州ブリスベン在住。成蹊大学文学部卒業後、一般企業勤務を経て、2003年に渡豪。現地邦字紙・日豪プレスに勤務のかたわら、豪州サッカー事情に関しての執筆を始める。一時帰国を経て、06年に再渡豪。07年からフリーランスとして本格的に活動開始、現在に至る。自称“豪州番記者”として、豪州サッカーを日本に発信するというニッチな役回りを地道にこなしている。日豪プレス掲載のコラム「日豪サッカー新時代」は、豪州サッカー好きに愛されて好評連載中。

ケーヒル

豪州代表、ハリルJに恐れなし。日豪戦へ不安要素は皆無。“天敵”ケーヒルが狙うは「10年前」の再現

日本代表は11日、ロシアワールドカップアジア最終予選でオーストラリア代表と対戦する。ドイツワールドカップ以降、日本はオーストラリアに対して対戦成績で上回っているが、アンジ・ポスタゴグルー監督のもと生まれ変わった“サッカルーズ”(オーストラリア代表の愛称)に日本への恐れはない。オーストラリアは試合に向けてリラックスムードで調整を続けており、コンディションも万全で不安要素も見当たらない。そして、10年前の“カイザースラウテルンの惨劇”を知るティム・ケーヒルは、途中出場から当時の再現を狙ってくることになりそうだ。(取材・文:植松久隆【メルボルン】)

2006年ワールドカップ、日本対オーストラリアの一戦に小野伸二は出場していた

小野伸二が語る日豪戦。両国を熟知するレジェンドが分析する勝負のポイントと警戒すべき選手は?

いよいよ今日に迫ったオーストラリア戦。グループ最大のライバルとの一戦は最終予選突破を占う上でも極めて重要な一戦となる。日豪両国を知る小野伸二はこの決戦をどう見ているのか? 豪州メディアによるインタビューで元日本代表選手は冷静に試合の展望を語った。(翻訳・構成:植松久隆、インタビュー:ポール・ウィリアムズ【豪州】)

オーストラリア代表

豪州代表、ケーヒルだけではない要注意選手。欧州で雄飛する4人の“新世代”。日豪戦も「恐るるに足らず」

イラク代表に劇的な勝利を収めた日本代表は、次なる相手にオーストラリア代表とアウェイで対戦する。これまでのオーストラリア代表といえばティム・ケーヒルが日本代表の前に幾度となく立ちはだかってきたが、警戒すべき選手は彼だけではない。現地在住の日本人記者が、オーストラリア代表で注意すべき4人の選手を挙げた。(取材・文:植松久隆【ブリスベン】)

ティム・ケーヒル

日豪戦はオーストラリア優位か。「ジョーカー」としてベンチに控える“天敵”ケーヒル

いよいよ開幕したW杯最終予選。日本がUAE相手にホームで敗れる中、グループB最大のライバル豪州は連勝スタートとなった。”サッカルーズ”は連勝という結果だけでなく、これまでチームを支えてきたティム・ケーヒルの起用法、マーク・ミリガンのユーティリティ性などの収穫を手にした。10月に迫る日豪戦に向けた充実度では豪州のほうが優位に立っている。(取材・文:植松久隆【ブリスベン】)

楠神

小野伸二が後押しした楠神順平の豪州挑戦。“ワンダーランド”で愛される存在になれるか

過去5年間で3人の日本人プレーヤーが所属をしてきたAリーグの強豪ウエスタンシドニー・ワンダラーズ(WSW)に4人目の日本人プレーヤーが加入した。サガン鳥栖に所属していた楠神順平である。この移籍の決断には日本でもプレーした経験を持つWSWのポポヴィッチ監督の"日本びいき"と"レジェンド"小野伸二の後押しがあった。(取材・文:植松久隆【ブリスベン】)

三浦知良

豪州、代表不人気と国内リーグの”格差拡大”。問い直されるサラリーキャップの意義

オーストラリアサッカー界は抱えていた大きな問題をクリアした。開催地が未定であったW杯最終予選の日本戦のスタジアムがメルボルンに決定。その決定にはシドニーとメルボルンの政治的な綱引きが含まれていた。Aリーグでは新たなサラリーキャップ問題が浮上している。オーストラリアサッカー界はどこに向かうのか。(取材・文:植松久隆【ブリスベン】)

Aリーグ 2016チャンピオン写真:taka

豪州番記者からの提言。Jを参考にすべきAリーグ。入れ替えなし、2部もない不思議な状況を改善せよ!

代表では日本の最大のライバルと言っていいオーストラリア。AリーグクラブはACLでも活躍するなどお馴染みだが、リーグのあり方はJリーグと随分と異なる。地理的な条件が大きく違うこともあるが、入れ替えもなく、2部も設置されていない状況は正しいと言えるだろうか。豪州在住記者が疑問を投げかける。(取材・文:植松久隆【ブリスベン】)

アデレード・ユナイテッド

豪州版レスター?“バルサ流”で最下位から頂点へ。Aリーグを席巻したアデレード率いたのはあの名手

豪州リーグ(Aリーグ)が全日程を終了し、下馬評を覆してアデレード・ユナイテッドが優勝した。一時期は最下位にまで沈んだチームを率いたのはかつてバルサでプレーしたギジェルモ・アモール。バルサ流のサッカーが豪州に旋風を巻き起こした。(文:植松久隆【ブリスベン】)

20160415_aust_getty

3大会連続の“日豪同舟”。W杯最終予選、日本に苦手意識ない豪州。危険な楽観論も?

W杯最終予選で日本と同組になった豪州。日本の最大のライバルとなる豪州はこのグループをどうとらえているのか? 厳しい戦いが予想されるが、豪州は日本への苦手意識は少なく、若干の楽観論も見え隠れする。(文:植松久隆)

オーストラリア代表

オーストラリア代表、堂々の最終予選進出。若手の躍動で日本最大の強敵に

ロシア・ワールドカップアジア2次予選を7勝1敗で通過したオーストラリア代表。その戦いぶりは「アジア王者」にふさわしいものだった。これまでチームを支えてきた主力に加え、若い選手たちも躍動している。最終予選で日本と同組になる可能性もあるサッカルーズの今をリポートする。(取材・文:植松久隆)

オーストラリア代表のティム・ケーヒル

“日本の天敵”ケーヒルは“金の亡者”なのか? 母国の“英雄”に豪州人が抱く両義的な感情

2016年2月、上海申花を電撃退団したオーストラリア代表のティム・ケーヒル。サッカルーズを牽引してきたスター選手ではあるが、上海退団後、母国復帰待望論は盛り上がりをみせなかった。その裏には、“英雄”に対するファンのアンビバレントな感情があった。

様々な出自を持つ選手たちが顔をそろえたオーストラリアU-23代表

“多文化共生”を体現した豪州U-23代表。五輪出場は逃すも“オリルーズが”示した吉兆

予想に反してグループステージ敗退でリオ五輪出場を逃したオーストラリアU-23代表。クラブの招集拒否などネガティブな要素があったとはいえ、決勝トーナメント進出を逃したことは失敗と言える。だがこのチームは、オーストラリア代表のあるべき姿を象徴した、画期的なものだったのかもしれない。

豪州を賑わす『明』と『暗』の話題。連盟とファンの対立とリオ五輪目指す“オリルーズ”の挑戦

豪州を賑わす『明』と『暗』の話題。連盟とファンの対立とリオ五輪目指す“オリルーズ”の挑戦

豪州ではここのところ、2つの話題で賑わっている。1つは試合への入場禁止処分を受けたサポーターの実名が顔写真とともに大手新聞に掲載された問題、そしてもうひとつはリオ五輪を目指す若き豪州代表だ。まさに『明』と『暗』を分ける話題だが、今後どのように進展していくのだろうか。

一つの新聞記事がもたらした危機。サポーターを敵に回した豪州連盟とAリーグ

サッカーは誰のものか? サポーターを敵に回した連盟とAリーグ。豪州は“内戦状態”

11月22日、ある新聞記事が豪州サッカー界に大問題を引き起こした。試合への入場禁止処分を受けたサポーターの実名が、顔写真とともに記事内に掲載されたのだ。外部からの“嫌がらせ”に対し、豪州サッカー界はどのように戦っていくべきなのだろうか。

11年目を迎えたAリーグ。元代表選手もいまや監督に。セカンドチャンスを掴んだ懐かしい顔ぶれ

11年目を迎えた豪州Aリーグ。元代表選手もいまや監督に。セカンドチャンスに懸ける懐かしい顔ぶれ

豪州Aリーグも今年で11年目を迎える。ピッチに目を見渡すと、元豪州代表選手や日本でもプレーした懐かしい顔ぶれが揃っている。そして、2006年ドイツW杯日本戦で得点を決めた選手も、今は監督として指揮を執っている。近年は経営不振なども目立つAリーグだが、11年目となった今季はセカンドチャンスを掴もうとする者たちがいる。

新着記事

↑top