本田圭佑のオランダ凱旋。欧州で“地元のヒーロー”から“国民的スター”になった男の軌跡

メキシコ1部パチューカの一員となった本田圭佑は、10月の日本代表から外れた。しかし、その間に欧州遠征を敢行したチームに帯同し、セルタやPSVと対戦。かつて自身が欧州で飛躍のきっかけをつかんだオランダ凱旋を果たしている。VVVフェンロ時代から本田のことを知る現地在住記者が、初の海外移籍で自らの実力だけで地位を築き上げていった男の軌跡をたどる。(取材・文:中田徹【オランダ】)

2017年10月13日(Fri)11時37分配信

text by 中田徹 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

パチューカの本田圭佑、代表ウィーク中にオランダ凱旋

本田圭佑
本田圭佑がパチューカの一員としたオランダに帰還した。欧州遠征参加は日本代表から外れたことで実現した【写真:Getty Images】

 今の本田圭佑はコンディションからしっかり立て直そうとしている時期なのだろうか。そういう観点から10月9日に行われたPSV対パチューカの親善試合を見ると、かなり調子が上向いてきている気がした。

 試合が0-0で終わると、フィリップス・スタディオン(PSVのホームスタジアム)のすぐ外で本田圭佑は多くの日本人に囲まれファンサービスに応じていた。

「ヤバイ! サイン、もらっちゃった! こんなこと、日本だったら、あり得ない」

 アイントホーフェンの駅に向かう途中、ファンの一群がこう言って興奮していた。その言葉が意味するところは、スターの本田圭佑から、たやすくサインを頂戴する機会は日本ではなかなかない――ということなのだろう。

 VVVフェンロのハイ・ベルデン会長は、本田に“スター”としての資質があることを見抜いた人物だった。本田というスターにケチな移籍金は相応しくない。だからこそ、ベルデン会長は本田のことを『1000万ユーロの男』として売り出したのだ。
 
 本田はオランダから日本へ逆輸入されたスターである。星稜高校時代には国立競技場を沸かせ、名古屋グランパスでは次世代のスター候補と謳われた。2008年1月にはVVVへ移籍した。その夏には北京五輪があった。しかし、本田がブレイクを果たすことはなかった。多くの批判を浴びた北京五輪を終え、オランダに戻ってきた本田が戦う舞台は2部リーグだった。1部リーグ時代の本田を追いかけていた日本メディアは全て撤退した。

 本田のオランダ2部リーグ時代の記事を読んだ記憶のある方もいるだろう。その大部分は、「原稿料も経費もいらないから、会社の許可ももらわず勝手にスタジアムに来ちゃった」というフリーランス記者たちの取材によるものである。

 困ったのはオランダ2部リーグの試合が金曜日の夜20時キックオフだったことだ。VVVの本拠地があるフェンロはドイツ国境近くの街なので、出来れば1泊したいが、私たちにはお金がない。だから23時すぎの終電に間に合うかどうか、冷や冷やしながら取材していた記者もいた。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top