川崎Fの鬼木監督、自チームの「質」について悔やむ。「焦りがあったのかもしれない」

2017年11月04日(Sat)17時13分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20171104oniki_getty
川崎フロンターレの鬼木監督【写真:Getty Images】

 11月4日、2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝が行われ、セレッソ大阪が川崎フロンターレに2-0で勝利、クラブ史上初めてとなるタイトルを手にした。いっぽうこれまで幾度も準優勝を経験してきた川崎Fは、またしてもあと一歩のところで優勝を逃した。

 試合開始直後の1分にエドゥアルドのミスから杉本健勇に先制ゴールを許したフロンターレ。その後はボールを握りながらセレッソを押し込み続けるが、技術力に強みのある川崎Fらしくないパスやトラップのズレが頻発。それほど決定機も作れず、最後まで得点を奪うことができなかった。

  試合後記者会見で川崎フロンターレの鬼木達監督は相手の守備を崩す「質」が足りなかったと語っている。

 「最初にアクシデント的なところから失点してしまいましたけれども、そのあと全員が声を掛け合いながらゲームはコントロールしていたと思います。そのなかでもパスのズレだとか、そういうものが最後まで改善することなく終わってしまったというか。ゴールへの意欲というのはありましたけれども、ただそこのところの最後の質っていうところは本当にこだわらなくちゃいけなかったと思います。もしかしたら焦りというものがあったのかもしれないと今は思っています」

 クラブとしても悲願の初タイトルを目指した一戦。「硬さっていうのは当然あったと思います」と述べた鬼木監督は「本当に何が何でも選手たちにタイトルを取らせてあげたいという思いはありましたけれども、なかなかそういう結果に結びつかず残念に思います」と語った。

(取材・文:中山佑輔)

【了】

新着記事

↑top