森岡亮太がハリルJに喚起する競争。3年ぶり代表復帰…因縁のブラジル戦で再デビューなるか

今季からベルギー1部のワースラント・ベフェレンに所属する森岡亮太は、自らの結果で3年ぶりの日本代表招集を掴み取った。すにリーグ戦で7ゴール7アシストを記録し、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も見逃せない存在になった。3年前に力の差を見せつけられたブラジルと再び相見え、ヨーロッパでの成長を証明できるだろうか。(取材・文:元川悦子【リール】)

2017年11月06日(Mon)12時11分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ベルギーで得点力爆発。森岡亮太が3年ぶりの日本代表に合流

森岡亮太
ベルギーリーグで大旋風を巻き起こしている森岡亮太が3年ぶりの日本代表復帰【写真:Getty Images】

 2018年ロシアW杯の前哨戦とも位置づけられる11月のブラジル(10日=リール)、ベルギー(14日=ブルージュ)とのテストマッチ。その重要な2連戦に向け、日本代表が5日からリールで始動した。

 普段は国内組だけでトレーニングを開始し、徐々に欧州組が合流するのが代表活動のパターンだが、今回の初日参加者は、長谷部誠(フランクフルト)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井高徳(ハンブルガーSV)、森岡亮太(ワースラント・ベフェレン)、久保裕也(ヘント)の欧州組5人。彼らはヴァイッド・ハリルホジッチ監督らスタッフとともにランニングなどの軽いメニューを1時間程度消化した。

 ハビエル・アギーレ監督時代の2014年11月以来、3年ぶりに合流した森岡は現代表のウォーミングアップメニューに不慣れなせいか、やや戸惑いがちではあったが、前日のロイヤル・エクセル・ムスクロン戦で今季3つ目となるヘディング弾を決めた自信と手ごたえも時折垣間見せていた。

「ヘッドは苦手」と言う彼が続けざまにその形から点を取っているのは紛れもなく成長の証。今季7ゴール7アシストというのも文句なしの欧州組トップ。「プレミアで4点(を取っている岡崎慎司=レスター)の方が半端ないですから」と本人は謙遜したが、この数字にボスニア人指揮官が心を動かされたのは確かだろう。「そこ(得点)は自分の中でも大事だと思いますし、できるだけ多くいい形を作れるようにしたいなと思います」と森岡も力を込めた。

 彼が今回の2連戦で起用されるなら、ベフェレンと同じ4-2-3-1のトップ下か、ハリルホジッチ監督が3月のUAE戦(アルアイン)や8月のオーストラリア戦(埼玉)で採用した4-1-2-3のインサイドハーフのいずれかが有力視される。

「トップ下は練習をやって(役割を)感じながら、自分の形を出せればと。インサイドハーフの場合はそういう形をあんまりやっていないんで、コミュニケーションを取りながらやる必要があるのかなと思います」と本人は慎重な姿勢を貫いたが、いずれのポジションも短期間で理解・実践しなければ、ロシアへの生き残りは果たせない。彼に課せられるハードルは非常に高いのだ。

1 2 3

新着記事

↑top