「レアルは遊びだと思っているはず」。柏木陽介、クラブW杯での”下剋上”に自信

2017年11月26日(Sun)7時46分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

柏木陽介
柏木陽介は来月のクラブW杯で打倒レアル・マドリーを掲げる【写真:Getty Images】

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝2ndレグが25日に行われ、浦和レッズはホームでサウジアラビアのアル・ヒラルに1-0で勝利。そして1stレグとの2戦合計スコアで2-1とし、10年ぶりのアジア制覇を成し遂げた。

 同時にクラブW杯の出場権も獲得。来月UAEで、各大陸王者と激突する。だが、柏木陽介はクラブW杯を「とりあえずお祭りだと思っている」と語る。

 だからこそ「アウェイみたいな戦いをして勝ったところで正直嬉しくはない」と主張する。ACL決勝の1stレグは、超守備的な戦いだったと選手たちも認めるが、「今回は本当に優勝するために全力でやった結果」と、割り切ってもいる。

 クラブW杯では準決勝まで勝ち進めばレアル・マドリーと対戦するチャンスもある。柏木は「もちろんレアルとやりたい」と、欧州王者との一戦に意欲を見せる。昨年は鹿島アントラーズが決勝で激突し、あと一歩のところまで追い詰めただけに、自分たちも…と意気込んでいる。

「レアルとやる時には自分たちができるだけボールを保持するような戦い方をして、今日みたいなチェイシングができれば、少しはできるのかなと。昨年の試合も見たけど、レアルこそ遊び、お祭りだと思っているので、あんまり守備的な部分で頑張らない感じはあった。やっぱりスペースもあったので、そういうところをしっかり突いていければチャンスはあるかなと思います」

 2年連続で日本のクラブが世界屈指の強豪レアル・マドリーを本気にさせ、世界を驚かすことができるだろうか。柏木はじめ、浦和の選手たちの“下剋上”への意欲は十分だ。

(取材・文:舩木渉)

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top