福岡をPO決勝に導いた山瀬功治。何度も経験した大ケガ。ボランチという新境地【谷間の世代と呼ばれて】

1979年生まれ組が「黄金世代」と称される一方で、「谷間の世代」と呼ばれていた1981年世代。ワールドユース(現U-20W杯)や五輪ではグループステージ敗退を経験したが、2010年の南アフリカW杯では決勝トーナメントに進出した日本代表チームで軸となる世代となり、今なおJクラブで主力を担う選手たちもいる。現在アビスパ福岡でプレーし、11月26日のJ1昇格プレーオフ準決勝で強烈なミドルシュートを決めた山瀬功治は、自身の歩んできたキャリアについて何を思うか。(取材・文:元川悦子)

2017年12月02日(Sat)10時19分配信

シリーズ:「谷間の世代」と呼ばれて
text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ペナルティエリア外から左足を一閃

現在はアビスパ福岡でプレーするMF山瀬功治
現在はアビスパ福岡でプレーするMF山瀬功治【写真:Getty Images】

 冷たい雨に見舞われた11月26日。今季J2で2位以内を長くキープしながら、最終的に4位でフィニッシュすることになったアビスパ福岡が、代替本拠地である熊本・えがお健康スタジアムでJ1昇格プレーオフ準決勝・東京ヴェルディ戦に挑んでいた。

 引き分け以上で決勝進出が決まるという有利な状況ではあったが、この条件が足かせになってスキを突かれた例は枚挙にいとまがない。福岡としては喉から手が出るほど先制点がほしかった。

 それが現実になったのが前半14分。ウェリントンが奪ったボールを受けた背番号33・山瀬功治がペナルティエリア外側の遠目の位置からシュートコースを見出し、左足を一閃。見事にネットを揺らすことに成功したのだ。

 この一撃がチームにどれだけの安堵感を与えたか分からない。彼らは東京Vの反撃にもひるむことなくゴールを死守し、1-0で勝利。1年でのJ1復帰に王手をかけたのだ。

「地面がスリッピーだったので、ミドルシュートを打つ機会があればっていうのはイメージしてました。ウェリ(ウェリントン)がボールを奪ってからのシーンだったので、彼も前にいないし、シュートを打つ分にはスペースは空いていた」と殊勲弾を挙げた36歳のベテランMFは普段通りの淡々とした口ぶりでゴールシーンを述懐した。

 そうやって冷静沈着でいられるのも、京都サンガに在籍した昨年のプレーオフで敗れた経験があるから。決勝で勝たなければ意味がない。彼はそう自分に言い聞かせたことだろう。

1 2 3 4

新着記事

↑top