「世界に通用するサッカーだと信じている」。川崎Fの攻撃姿勢を誇る鬼木監督

2017年12月02日(Sat)21時16分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

鬼木達
川崎フロンターレの鬼木達監督【写真:Getty Images for DAZN】

 明治安田生命J1リーグの最終節となる第34節が2日に行われ、大宮アルディージャに5-0の勝利を収めた川崎フロンターレが初優勝を飾った。

 前節時点で川崎Fと2ポイント差の首位に立っていた鹿島アントラーズは、ジュビロ磐田と0-0のドロー。鹿島が引き分け以下に終わった上で大宮に勝てば優勝できる状況だった川崎Fは、FW小林悠のハットトリックなどで大量5得点を奪って優勝を決めた。

「選手たちは言っていたことを体現して最後まで戦い続けてくれた。最後は自分たちらしく点を取り続けてくれた」と鬼木達監督は試合後に、選手たちの戦いぶりに賛辞を送った。

 攻撃姿勢を貫いたサッカーについて、「選手も僕も、このサッカーが世界に通用するものだと信じています」と胸を張る。世界の強豪相手と戦う機会が訪れたとしても戦い方を変えるつもりはないようだ。

「本当に強いバルサやレアルとやって、そのうちの1回の勝ちを狙うのであれば下がってカウンターというのでもいいかもしれない。だがやはり自分たちで攻撃して、もしかしたら可能性が、ゴールまで持っていけるかもしれない。そういう思いで自分たちは続けている。そのくらいの気持ちで勝っていければいいという思いがある」

 今季はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で準々決勝敗退に終わった川崎Fだが、来季は日本王者として再びアジアの頂点を目指す。その先にあるクラブW杯の舞台に立つことができれば、自分たちのスタイルで世界トップレベルの相手に挑む機会を得られるかもしれない。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top