「全員がプレーするのを怖がっていた」。昌子源、屈辱の韓国戦大敗を反省

2017年12月16日(Sat)21時34分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

昌子源
日本代表の昌子源【写真:Getty Images】

【日本 1-4 韓国 EAFF E-1サッカー選手権2017】

 E-1サッカー選手権2017の試合が16日に行われ、日本代表と韓国代表が味の素スタジアムで対戦。韓国代表が4-1の勝利を収めた。

 引き分け以上で今大会の優勝を決められる状況にあった日本だが、まさかの大敗で韓国に逆転優勝を許してしまった。開始直後にFW小林悠のPKで先制しながらも、そこから4失点を重ねて大敗する結果となった。

「良い時間に点も入りましたし、僕らの勢いを見せられたと思うんですけど、そこから少し、監督にも全員プレーをするのを怖がっていると言われましたが、そう捉えられてもおかしくないプレーだったかなと思います」とDF昌子源は試合後にチームの戦いぶりについて振り返った。

「僕自身も相手の得意なプレーでやられてしまいましたし、非常に反省するところが多い試合だったと思います」と昌子。「攻守の切り替えが韓国の方がすごく速かったですし、僕らが組み立てたくても真ん中を閉じているので、なかなか隙が作れなかった」と苦戦の要因を挙げた。

 今大会で対戦した韓国代表、中国代表、朝鮮民主主義人民共和国代表のいずれとも初対戦だった昌子は、「アジアのレベルを肌で感じられた」ことは個人的な収穫だとしながらも、「この3試合キャプテンを命じられて、キャプテンとしても非常に未熟な3試合だったかなと思います」と反省しきりだった。

【了】

★W杯予選まとめはこちら★

新着記事

↑top