香川真司、ブンデス再開の“初陣”は先発濃厚。W杯イヤー好発進なるか

14日、ボルシア・ドルトムントのシーズン後半戦が幕を開ける。監督交代後から調子を上げて2017年を終えた香川真司。中断期間のキャンプでも調子を維持していた。W杯イヤーでどのようなスタートを切るだろうか。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

2018年01月14日(Sun)11時10分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

良い形で2017年を締めくくった香川

香川真司
バイエルン戦でも活躍していた香川真司【写真:Getty Images】

 王者を相手に食い下がったDFBポカール3回戦。昨年12月20日に行われた対バイエルン・ミュンヘン戦を終えた後で、香川真司は、“意欲”を口にした。

「継続して次の年もやっていきたい」

 エースFWピエール=エメリク・オーバメヤンを欠いたことで、戦術的な制限を被ったBVB。前半途中で布陣変更を試みるなど、劣勢の中でもあくまで勝利を目指し続けたが、力の差を覆すことはできず、最終的には1-2のスコアで敗れた。

 トーナメントからは敗退となったが、その試合で背番号23のパフォーマンスは決して悪いものではなかった。77分にはアンドリー・ヤルモレンコのゴールをアシスト。ワールドクラスの選手たちを揃えるバイエルンを相手に、伍して渡り合った。

 ほかならぬ香川自身が、好調を「一番感じて」いるようだ。

「良いコンディションというのが一番感じてますし、これに限らず今年一年という意味では、非常に安定したものを僕自身は見せられていると思ってるので。それを継続した結果、またさらにコンディションが上がってきているという意味では、継続して次の年もやっていきたいです」

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top