齋藤学、移籍後初のSNS更新「マリノスの選手として闘ってきたことだけは否定されたくない」

2018年01月19日(Fri)19時52分配信

photo Getty Images for DAZN
Tags: , , , ,

齋藤学
川崎Fへの移籍を決断した齋藤学【写真:Getty Images for DAZN】

 横浜F・マリノスから川崎フロンターレへ移籍したMF齋藤学が19日、移籍決定後初めて自身のインスタグラムを更新し、現在の心境をつづった。

 8歳で横浜FMの下部組織に入った齋藤は、1年前に中村俊輔の移籍を受けて10番のユニフォームを引き継ぎ、チームのキャプテンを務めた。しかし、9月に右膝前十字じん帯を痛めて長期離脱を強いられている。横浜FMのファンは10番の復帰を心待ちにしていたが、その前にクラブを去ることが決まった。

 齋藤は、「僕はサッカーが好きで、プロの選手として成長したくて、純粋にその想いに駆られ今回、この道を選ぶことにしました」と切り出し、「正直、不安はあるし、緊張するし。それでもここまで叩かれて、戻る場所を無くすことになってまでも、挑戦すると決めました」と決意のかたさをアピールしている。

 一部ファンからの反発はかなり激しいものだったようで、「『屑、死ね、裏切り者、怪我治るな』など何を言われてもしょうがない。そう思っていましたが、ひとつだけ言わせてもらいたい。今までマリノスの選手として闘ってきたこと これだけは否定されたくない」と、古巣への愛情は確かだったことを強調した。

 その上で齋藤は、「たくさんの人を失望させ傷つけてしまって、すみません。叱咤激励の投稿、コメント、ほぼ読ませていただきました。こんな中でも応援してくれている人がいること、どんなに嬉しかったか。ありがとうございました」と記している。

【了】

新着記事

↑top