J1新加入期待の11人。日本最高の右SB、元ブラジル代表FWなど大物選手がズラリ 【編集部フォーカス】

Jリーグでは、今シーズンも多くの選手が新天地を活躍の舞台に選んだ。その中にはブラジル代表としてワールドカップに出場した選手や、複数の元日本代表がいる。今回は、新しいクラブでの活躍が期待される11人の選手を紹介する。

2018年02月16日(Fri)10時20分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images , Tsutomu Aoki
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

抜群のシュートストップ。香川や浅野ともプレーしたGK

180208_lange_getty
名古屋グランパスに加入したランゲラック【写真:Getty Images】

GK:ランゲラック(レバンテ【スペイン】→名古屋グランパス)

 ドルトムントやシュトゥットガルトでプレーし、スペインのレバンテから加入したランエラック。このオーストラリア代表はドイツ時代、日本代表の香川真司、浅野拓磨ともチームメイトだった。シュートに対する反応が良く、正しい動作でセーブすることができる。

 2年ぶりのJ1に戻ってきた名古屋グランパスは昨季、J2で65失点を喫している。ランゲラックにはその能力を駆使し、ゴールに鍵をかけることが期待される。そして、名手・楢崎正剛から学べることも多いはずだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

新着記事

↑top