元磐田DFが2年半の有罪判決。「ギリシャ八百長事件」の違法賭博に関与

2018年03月02日(Fri)13時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

アブラアム・パパドプーロス
アブラアム・パパドプーロス【写真:Getty Images】

 オーストラリア1部のブリスベン・ロアーに所属する33歳の元ギリシャ代表DFアブラアム・パパドプーロスが違法賭博に関与した疑いで、執行猶予付き2年半の有罪判決を受けた。1日に豪州メディア『ザ・ワールドゲーム』が報じている。

 同メディアによると、パパドプーロスは2011年にギリシャで発生した八百長事件に関与した58人のうちの1人だったという。試合結果に関する賭け事を違法に行なっていたようだ。

 パパドプーロスは2003年から2008年までアリス・テッサロニキ、2008年から2014年までオリンピアコスでプレーしていた。その後、トラブゾンスポルや上海申花を経て2016年にJリーグのジュビロ磐田に加入している。磐田ではリーグ戦13試合に出場し1得点を記録。2017年からブリスベン・ロアーでプレーしていた。

【了】

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top