札幌、ミシャの下で台頭する若い才能。上位に食らいつく『ヤング・コンサ』の力

明治安田生命J1リーグ第9節が21日に行われ、北海道コンサドーレ札幌は浦和レッズと対戦し0-0で引き分けた。連勝は止まったものの、アジア王者を相手に粘り強い戦いを披露。今季から就任したミハイロ・ペトロヴィッチ監督のもとで新たなスタイルに取り組むチームは、勝ち点を重ねながら成長している。その中で、若手選手の奮闘も見逃せない。(取材・文:青木務)

2018年04月23日(Mon)11時20分配信

text by 青木務 photo Getty Images for DAZN
Tags: , , , , , , ,

堂々とプレーする20歳前後の面々

180422_sapporo3_getty
札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督【写真:Getty Images for DAZN】

 菅大輝(19歳)、進藤亮佑(21歳)、ク・ソンユン(23歳)、川崎フロンターレから期限付き移籍中の三好康児(21歳)。北海道コンサドーレ札幌は、20歳前後の選手が堂々とプレーしている。

 日本代表クラスを多数擁する浦和レッズは、18歳の橋岡大樹という新星はいるものの、ほとんどが選手として脂の乗った面々だ。一方で、百戦錬磨のチームと対峙した札幌のフレッシュさが際立った

 試合後、アウェイチームの選手たちは「勝ち点1を取れたことは良かった」と振り返っている。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督も「引き分けが妥当」と、スコアレスドローを受け入れた。

 公式戦4連勝中と波に乗る札幌は、ここ数試合で劇的な戦いを見せてきた。前節のJ1で柏レイソルに逆転勝利を収めると、直近のJリーグYBCルヴァンカップ・ジュビロ磐田戦では先制しながら一時は逆転を許す展開の中、後半終盤にスコアを再びひっくり返して見せた。

 昨季までとは異なるスタイルに取り組みながら、札幌は勝ち点を積み重ねている。都倉賢や宮澤裕樹、兵藤慎剛といった経験豊富な選手たちの存在は大きい。

 一方で若い力が台頭し、公式戦で堂々とプレーしている点も忘れてはならない。ペトロヴィッチ監督は言う。

「我々は恐らく、J1で最もスタメンの平均年齢が若いチームじゃないかと思います。昨シーズンまでは32歳くらいがスタメンの平均だったかと思いますが、今年は24歳」

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top