東京五輪世代のエース、まもなく完全復活。大怪我乗り越え…磐田FW小川航基の濃密な1年間

2018年05月08日(Tue)10時20分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

2018年3月14日。悪夢から10ヶ月、札幌で復活のピッチへ

小川航基
左ひざの大怪我を乗り越えた小川航基はジュビロ磐田の一員として復帰を果たし、すでにリーグ戦でフル出場も【写真:Getty Images for DAZN】

 負傷から3日後のイタリア戦を終えた後、小川は改めて取材に応じてこんなことを話していた。

「これまで一流の選手(のキャリア)がそんなに怪我なく、順風満帆にいってきたわけではないですし、たいていの人は前十字(じん帯)だったり、半月板だったり、そういう怪我をやっていると思う。今このタイミングでよかったと思って、前向きにやれればいいかなと思います」

 チームの結束は小川の負傷離脱で一層深まった印象があった。ベンチには小川のユニフォームが掲げられ、小川自身は次なる戦いに向けて切り替えようと懸命だった。それは当時の彼にとって最大とも言える目標、東京五輪があったからだ。

「東京五輪が3年後にあるから、この大会(U-20ワールドカップ)が本当に大事で、自分でも人生かけていたくらい気持ちを入れてやっていました。けど、東京五輪というもっと大きな大会があって、そこじゃなくてよかったと、なんとかポジティブに考えて、東京五輪で爆発できるように、この(リハビリの)期間を無駄にしてはいけないなと思います」

 あの悪夢のような瞬間から約10ヶ月。小川はジュビロ磐田の一員として公式戦のピッチに復帰した。今年3月14日に行われたYBCルヴァンカップのグループリーグ第2節、北海道コンサドーレ札幌戦の62分から交代出場して、約30分間プレーした。

 その後、4月4日のルヴァンカップのグループリーグ第3節、ヴァンフォーレ甲府戦で329日ぶりの先発出場を飾る。リーグ戦でもスタメンのチャンスを与えられた2試合を含む、6試合に出場している。今月2日の横浜F・マリノス戦後、久々に話を聞くと「もうあの着地は見たくないですね…」とつぶやいていたが、それ以上に成熟と充実を感じさせる口ぶりだった。

「あの時のことは2度と忘れないですし、それがあるから今があると思えるように。(リハビリを経て)人間的なところで多少は大きくなれたのかなと思います。いろいろな人とも出会いましたし、いろいろなものを外から見ることで、怪我のことだったり、体のことだったり、食事のことだったり、学べることが多くありました。(昨季は)自分がいない中でチームが躍進していて、思うところはありましたけど、リハビリを乗り越えたからこそ、今があると思える時が絶対に来る。そう思いながらリハビリをやっていましたね」

 同じ境遇にあるサッカー選手や、他競技のアスリートとの出会いを通じて、彼は「あの時があったから今がある」と心の底から思えるだけの濃密な時間を過ごしたに違いない。きついリハビリを乗り越えて、プレーする喜びも取り戻した。

 怪我を負って以来、初めて練習試合に出場した時のことを「5分でも、本当にようやくここまでこれたと思うところがあったので、すごく楽しかったのは覚えています」と小川は振り返る。とはいえシーズン開幕前のキャンプで実戦復帰を果たしてから、必ずしも順調だったわけではない。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top