日本が採るべきアザール対処法。絢爛豪華なベルギーだが…実力差を埋める意外なポイントとは?【西部の目/ロシアW杯】

 エデン・アザール、ドリース・メルテンス、ケビン・デ・ブルイネ、ロメル・ルカクなど強烈な個の能力を持つ選手が揃うベルギー。この相手とロシアワールドカップ・ベスト8進出をかけて戦うのが日本である。自由を与えれば大量失点は免れない。しかし、活路はゼロではない。『個』だけで見れば優勝候補のベルギーを相手に、日本はどのように立ち向かえばいいのだろうか。(文:西部謙司)

2018年07月02日(Mon)15時30分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

連係しない個

180702_eden_getty
エデン・アザール【写真:Getty Images】

 アルベルト・ザッケローニ監督が就任した最初の試合がアルゼンチン戦だった。親善試合とはいえ、日本は1-0で勝利している。リオネル・メッシもプレーしていた。長谷部誠、香川真司、本田圭佑、長友佑都、岡崎慎司、川島永嗣はその試合でプレーしている。そのときはメッシを完封できた。

 今大会、エデン・アザールは絶好調。ドリブルの突破力はメッシに比肩しうる破壊力だ。しかし、日本は8年前にメッシを抑えた実績がある。そのときはメッシにスペースを与えず、得意のカットインに対しては2、3人が壁を作るようにして侵入を防いだ。アザールに対しても基本的にこれでいいと思う。

 ベルギーはアザール以外にも強烈な個人技を持つ選手が揃う。ドリース・メルテンスはアザールに劣らないドリブラーでありパサーでフィニッシャーだ。ヤニック・フェレイラ・カラスコが左サイドで待機し、ケビン・デ・ブルイネやアクセル・ヴィツェルのキープ力も脅威である。トップには巨体のロメル・ルカクもいる。彼らが本格的に連係しはじめたら日本に止める術はない。ただ、彼らが本当に連係できるかどうか疑問があるのだ。

 優れた個も、それが個であるかぎり複数で防ぐことができる。複数でなければ止められない個が連係を始めたら、これはもうどうにもならない。ただし、ベルギーの強烈な個が連係をみせたことはこれまでないといっていい。ベルギーの個の多くはドリブラーだからだ。ドリブラーがドリブルを始め、守備側が複数で対処した時点で、ドリブラーのプレーはすでに制限されている。連係がとりにくい状態になっている。だからドリブラーがドリブラーであるかぎり、そもそも連係は難しいわけだ。

 4年前もベルギーは個々の能力の集積で考えれば優勝候補筆頭だった。2年前のEUROでもそうだった。今回も同様。しかしその間、ベルギーの個が高度な連係を確立したことはなく、基本的に個の力で押し切ってきた。そうでなければワールドカップもEUROも優勝しているはずなのだ。

1 2 3

新着記事

↑top