イニエスタがもたらす絶大な影響力。選手たちが語る真実、神戸が手に入れた世界基準の羅針盤

ヴィッセル神戸でMFアンドレス・イニエスタが躍動している。バルセロナ、スペイン代表で全てを手に入れてきた男は、何をもたらすのか。ピッチ上でその影響力を体感している選手たちが語った。(取材・文:藤江直人)

2018年08月17日(Fri)8時00分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

なぜ、自分のニックネームを知っているのか?

アンドレス・イニエスタ
ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】

 FCバルセロナとスペイン代表で一時代を築いた稀代のプレーメイカー、アンドレス・イニエスタの「すごさ」を最初に体験した日本人はヴィッセル神戸のチームメイト、藤田直之かもしれない。

 デビューへの期待が高まっていた、7月22日の湘南ベルマーレ戦へ備えて前泊していた神戸市内のホテル。夕食会場へ向かっていた藤田は、おもむろに「ナオ」とニックネームで呼び止められた。振り返ってみると、日本中の注目を集めていたイニエスタが笑顔で立っていた。

 微笑ましい光景ではあるが、ちょっとした疑問も残る。イニエスタが来日したのが同18日で、全体練習に初めて参加したのが20日。言葉も文化も風習もすべてが異なる新天地に合流してから、ほとんど時間が経っていない。なのに、自分のニックネームを知っているのはなぜなのか。

 お互いに片言の英語を介してコミュニケーションを取っているうちに、藤田はさらに驚かされた。2015シーズンまでサガン鳥栖に所属していたことを、イニエスタが知っていたからだ。

「自分の経歴を知ってくれているだけでなく、みんなの名前を覚えようとしていた。試合中も含めて、自分はいまも『ナオ』と呼ばれています。本当にすごいな、と思いましたよね」

1 2 3 4 5 6 7 8

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top