森保監督、日韓決勝は「厳しい戦いになる」「アジア最高峰と感じられるゲームを」

2018年08月30日(Thu)0時22分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

森保一
U-21日本代表の森保一監督【写真:Getty Images】

【日本 1-0 UAE アジア大会準決勝】

 29日に行われたアジア大会男子サッカー準決勝でU-21日本代表とU-23UAE代表が対戦。FW上田綺世のゴールにより1-0の勝利を収めた日本が2大会ぶりの決勝進出を決めた。

 森保一監督は試合後の会見で、激戦を制した選手たちの戦いぶりを称賛。「非常にタフな戦い、消耗戦となった戦いの中ハードワークしてくれて、粘り強く戦い抜いてくれて勝利できたことは良かったと思います。きつい中でも集中力を切らさず戦ってくれたと思います」と語った。

 決勝トーナメント1回戦のマレーシア戦に続いて途中出場の上田が決勝点を奪ったが、「采配が当たったというよりも、選手たちが常に良い準備をしてくれて出た結果だと思っています」と森保監督。「上田が先発で出てもチャンスを作って得点を決めてくれると思いますし、今日残念ながらプレーする時間がなかった選手たちもみんなが準備してくれている結果だと思います」とチーム一丸となっての戦いを強調した。

 得点の場面については、UAEからボールを奪って上田にラストパスを送った渡辺皓太のプレーにも賛辞を送った。「皓太の良さが出た、素晴らしい守備からの得点だった。本当に疲れている中、気迫の表れたプレーからの得点だったと思います」

 決勝では韓国と金メダルを争う。「韓国は間違いなく強いチームだと思う。選手たちにとって厳しい戦いになると思いますが、持てる力をぶつけて、まずは決勝として良い試合ができるように、思い切ってプレーしてほしいと思います」と指揮官は見通しを述べている。

「お互いアジアを引っ張っていく国同士ということで、お互いから刺激を受けながら、切磋琢磨しながら、アジアのサッカーに両国とも貢献していると思っています」と日韓両国についてコメント。「U-23の大会ですが、アジア最高峰の大会なんだと見ている方に感じてもらえるゲームができればと思います」と決勝への意気込みを示した。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top