20180726_pavard_getty
バンジャマン・パバールのゴールもプスカシュ賞候補に【写真:Getty Images】

 国際サッカー連盟(FIFA)は3日、サッカー界の年間最優秀ゴールに贈られる「FIFAプスカシュ賞」の候補となる10ゴールを発表した。

 候補のうち4点は今夏に開催されたロシアワールドカップでのゴール。FIFA公式サイトでのユーザー投票で大会ベストゴールに選ばれたフランス代表DFバンジャマン・パバールのボレーのほか、デニス・チェリシェフ(ロシア)、リオネル・メッシ(アルゼンチン)、リカルド・クアレスマ(ポルトガル)のゴールがノミネートされた。

 昨季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)からは、欧州サッカー連盟(UEFA)の年間ベストゴールに選ばれたクリスティアーノ・ロナウドのオーバーヘッドキックと、ガレス・ベイルが決勝で決めたオーバーヘッドが候補に選ばれている。

 その他には、イングランド・プレミアリーグからリバプールのモハメド・サラー、ギリシャリーグからAEKアテネのラザロス・フリストドゥロプロス、オーストラリアのAリーグからニュー・カッスル・ジェッツのライリー・マグリー、ブラジル・ミナスジェライス州選手権からクルゼイロのジョルジアン・デ・アラスカエタのゴールがそれぞれ選ばれた。

 FIFA公式サイトでは受賞者選出に向けた投票が行われている。ノミネートされたゴールは以下の通り。

ガレス・ベイル(レアル・マドリー) チャンピオンズリーグ決勝 リバプール戦
デニス・チェリシェフ(ロシア代表) ワールドカップ準々決勝 クロアチア戦
ラザロス・フリストドゥロプロス(AEKアテネ) ギリシャリーグ オリンピアコス戦
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(クルゼイロ) ミナスジェライス州選手権 アメリカMG戦
ライリー・マグリー(ニュー・カッスル・ジェッツ) Aリーグ メルボルン・シティ戦
リオネル・メッシ(アルゼンチン代表) ワールドカップ・グループリーグ ナイジェリア戦
バンジャマン・パバール(フランス代表) ワールドカップ決勝トーナメント1回戦 アルゼンチン戦
リカルド・クアレスマ(ポルトガル代表) ワールドカップ・グループリーグ イラン戦
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー) チャンピオンズリーグ準々決勝 ユベントス戦
モハメド・サラー(リバプール) プレミアリーグ エバートン戦

【了】

新着記事

↑top