本田圭佑、初采配は逆転負け。“監督”のやりがい実感し「選手として臨むのとは違った」

2018年09月11日(Tue)1時13分配信

photo Masayori Ishikawa
Tags: , , , , ,

本田圭佑
本田圭佑のカンボジア代表監督キャリアの始まりは黒星となった【写真:石川正頼】

 現役選手でありながらカンボジア代表のGM(ゼネラルマネージャー)に就任する前代未聞のチャレンジに乗り出した本田圭佑。実質的な監督としてチームを率いての初陣が、10日にカンボジアの首都プノンペンで行われた。

 対戦相手は格上のマレーシア代表。だが、カンボジア代表は先制に成功する。主導権を握る時間も長くあったが、追加点を奪えず、後半はマレーシアに3点を浴びて1-3でカンボジア代表監督としての本田の“初陣”は逆転負けに終わった。

 試合後、記者会見に臨んだ本田は勝利したマレーシア代表に賛辞を送ったうえで、「残念ながら僕たちは勝てなかったですが、ほとんどの部分に満足しています」とカンボジア代表選手たちの戦いぶりを称えた。

 ピッチサイドのテクニカルエリアから指示を送る初めての経験を終え「試合は選手として臨むのとは違いました。それが好きなんです」と本田は言う。そのうえで、改めて指導者として「選手たちは全員、キャリアにおいて成功したがっています。僕はそれを本当にサポートしたい」と強い意欲を口にする。

「今日は試合に負けてしまいましたが、最初の30分間を見たでしょう。彼らは素晴らしかった」

 本田は、自分なりに初采配から成果を得て、同時に課題も実感したはず。カンボジア代表を指導する中で、発展途上のチームや選手たちをどのように導き、成長させていくか。今後の挑戦にも注目が集まる。

(取材:植田路生【プノンペン】、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top