開幕迎えたCL、グループリーグ展望。王者レアルの初陣はいかに? ユベントスやマンCも登場(E~H組)【編集部フォーカス】

2018年09月19日(Wed)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

グループF

マンチェスター・シティ
悲願のCL初制覇へ向け、マンチェスター・シティはGLから勢いをつけたいところだ【写真:Getty Images】

マンチェスター・シティ◎、シャフタール・ドネツク◯、リヨン▲、ホッフェンハイム×

 マンチェスター・シティの首位通過は問題ないだろう。プレミアリーグの中でもトップクラスの選手層の厚さを誇り、攻撃陣はもちろんのこと守備陣も抜群の安定感を発揮している。全勝で決勝トーナメント進出を果たす可能性が極めて高く、同クラブ史上初のCL制覇へ向けてもグループリーグから勢いをつけたいところだ。

 昨季のCLでもマンチェスター・Cと同組になったシャフタール・ドネツクは2位通過の可能性が高い。2017/18シーズンのCLではマンチェスター・Cに首位の座を譲ったものの、イタリアの強豪・ナポリを退けて決勝トーナメントへ進出するなど実力は十分。ブラジル人選手の活躍が目立つ同クラブからまた新たなタレントが出てくる可能性も否めない。非常に楽しみなチームだ。

 シャフタールと実力的には拮抗しているリヨンとホッフェンハイムもまた、面白いチームだ。前者は今季のリーグ戦5試合で2勝1分2敗と安定感ある戦いぶりをみせられてはいないが、ロシアワールドカップ優勝メンバーのナビル・フェキルやベルトランド・トラオレらで形成される攻撃陣の破壊力は凄まじい。マンチェスター・Cには勝てずとも、グループリーグ突破できるだけの戦力を揃えているのは確かだ。

 後者は若き智将であるユリアン・ナーゲルスマン監督のもと魅力的なサッカーを展開し、昨季は同クラブ史上最高成績となるブンデスリーガ3位躍進を果たすなど、近年力をつけ始めているチーム。ナーゲルスマン監督が用いる戦術は強豪相手にも十分通用する力を秘めており、その破壊力はあのバイエルン・ミュンヘンをも撃破してしまうほど。グループ首位通過の大本命であるマンチェスター・Cを退ける可能性も少なくはない。2位争いは白熱しそうだ。

【次ページ】グループG

1 2 3 4 5

新着記事

↑top