開幕迎えたCL、グループリーグ展望。王者レアルの初陣はいかに? ユベントスやマンCも登場(E~H組)【編集部フォーカス】

2018/19シーズンのチャンピオンズリーグが現地時間18日に開幕を迎えた。初日から白熱した戦いが繰り広げられたが、19日にはユベントスやレアル・マドリーが登場するなど、今夜も注目試合が目白押しだ。CSKAモスクワ所属の西村拓真の出場にも大きな期待が寄せられる。今回フットボールチャンネルの編集部では、E~Hグループの戦いを展望する。

2018年09月19日(Wed)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

グループE

バイエルン・ミュンヘン
バイエルン・ミュンヘンの首位通過が堅いグループE【写真:Getty Images】

バイエルン・ミュンヘン◎、ベンフィカ◯、アヤックス▲、AEKアテネ×

 グループEはバイエルン・ミュンヘンが首位通過すると見て間違いないだろう。リーグ戦でもここまでの3試合で全勝と、その強さは今季も健在。選手の層も厚く、よほどのことがない限りは無傷のまま決勝トーナメント進出を果たすだろう。エースストライカーであるロベルト・レバンドフスキもリーグ戦3試合で2ゴールと好調を維持しており、昨季は怪我の影響でシーズンをほぼ棒に振ってしまったマヌエル・ノイアーも万全の状態で本戦に挑むと思われる。首位通過を果たせない理由はどこにも見当たらない。

 ドイツ王者の首位通過が堅い中で、対抗勢力となるのはベンフィカだろう。今季のリーグ戦4試合で10得点を挙げるなど攻撃陣の破壊力は申し分なく、バイエルン撃破の可能性も捨てきれない。注目選手はMFルイス・フェルナンデスである。同選手はリーグ開幕戦でハットトリックを達成し、第2節でも得点を奪うなど4試合4ゴールと好調をキープ。29歳のMFの活躍がCL本戦でも見受けられれば、グループリーグ突破は現実的なものになってくるだろう。

 そのベンフィカと白熱した2位争いを繰り広げると予想されるのが、オランダの名門アヤックスだ。今季のリーグ戦ではここまで5試合で無敗。非常に良い状態をキープしており、フレンキー・デ・ヨングやマタイス・デリフトといった若手選手の活躍もチームに勢いをつけている。その中でもクラース・ヤン・フンテラールの輝きは別格で、ここまでリーグ戦5試合で6得点をマークするなどストライカーとしての役割を完璧にこなしている。グループリーグ突破のカギを握る存在といっても過言ではない。

 AEKアテネの序列は同グループで最も低いが、バイエルンには力及ばずとも、ベンフィカ、アヤックスらと2位争いを繰り広げる可能性は十分にある。まずは初戦のアヤックス戦で勝ち点をもぎ取り、弾みをつけたいところだ。

【次ページ】グループF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top