南野拓実、森保Jで2戦2発も「まだ1試合残っている」。大迫との連係には好感触

2018年10月13日(Sat)2時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

南野拓実
南野拓実【写真:Getty Images】

【日本 3-0 パナマ キリンチャレンジカップ2018】

 日本代表は12日、キリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と対戦し、3-0で勝利を収めている。

 先月のコスタリカ戦で代表初得点を奪うなど眩い輝きを放った南野拓実は、この日も先発出場を果たす。そして、チームが先制ゴールを奪えず苦しんでいた42分、青山敏弘のパスを受けた背番号9が相手を背負いながらもボールをキープし、左足でシュート。これがゴールネットに突き刺さり待望の先制ゴールをもたらした。そして、森保一監督の下、2試合連続で得点を挙げた形となった。

「けっこう落ちついて、GKを見ながらというか、ちゃんとコースに蹴れました」とゴールシーンを振り返った南野。同時に「青山さんがすごい良いパスをくれたので、ああいうところはパスのおかげでもあると思います」と背番号17を絶賛している。

 また、この日はロシアワールドカップでも主力を担った大迫勇也と前線でともに攻撃を組み立てた。同選手にボールが収まると、2列目の選手はそれを追い越す動きを何度も繰り返した。チャンスには直結しなかったが、可能性は見出せたはずだ。

 南野は大迫との連係について「サコくんはボールが収まるし、むちゃやりやすかったです。でも僕がもうちょっと前を向いて、サコくんが動き出したときに、スルーパスだったりをもっと増やしていければいいのかなと思います。2人の関係性でもっとゴールに迫るプレーを増やしていければいいかなと。でも、今日、僕が一番考えていたのは、チームのためにゴールを奪う、アシストをすることだったので。そういう関係性ももっと高めていければいいかなと思います」とコメントしている。

 日本代表におけるトップ下というポジションは、長く香川真司が務めてきた。森保監督の下、トップ下での出場機会が多い南野は、セレッソ大阪の先輩でもある香川を意識するのかという質問に対しては「真司くんが残してきた実績とか比べれば、僕なんかまだまだ。でも別にそれを考えてないですね。プレースタイルも全然違いますし、新しいチームで、新しい監督で、新しい代表がスタートしている中で、僕は自分ができることを100%やることしか考えてないです」と話す。

 南野が次に狙うのは、もちろん代表3試合連続得点だ。「まだ1試合残ってますし、次(ウルグアイ代表/16日)が強豪なので、そっちの試合にもし出ることがあれば、全力でアピールしたいと思います」と早くも次戦に向け意気込んでいる。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top