マンC、ダービーの主役に躍り出た二人の魔法使い。Wシルバがもたらした、無限大の可能性

現地時間11日に行われたプレミアリーグ第12節、マンチェスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は3-1でホームチームが勝利した。これでシティは今季リーグ戦無敗を維持。この日、勝利の立役者となったのは間違いなく“Wシルバ”だ。(文:小澤祐作)

2018年11月12日(Mon)12時10分配信

text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

序盤に与えたマンUへのダメージ

マンチェスター・シティ
マンチェスターダービーを勝利で終えたマンチェスター・シティ【写真:Getty Images】

 今季初のマンチェスターダービーはおおむね予想通りの結果になったと言えるだろう。エティハド・スタジアムで行われた一戦を彩ったのは、やはりホームチームであった。

 今季リーグ戦無敗を維持するマンチェスター・シティはこの日、4-3-3のフォーメーションでスタート。中盤にはダビド・シルバ、ベルナルド・シルバ、フェルナンジーニョが並び、前線はラヒーム・スターリング、リヤド・マフレズ、セルヒオ・アグエロの三人が形成する。

 対するマンチェスター・ユナイテッドはポール・ポグバを負傷で欠く中、中盤にはマルアン・フェライニが先発。1トップにはマーカス・ラッシュフォードが起用された。その他はチャンピオンズリーグ・グループリーグH組第4節の対ユベントス戦から大きな変更はなかった。

 試合開始のホイッスルが鳴り響いた瞬間からボールを支配したのは予想通りシティだった。前から激しいプレスをかけてくるマンUに対し、ホームチームは冷静なパス回しでいとも簡単にプレッシャーを無力化。あっという間にマンUのゴール前までボールを運ぶことに成功したのである。

 そして、試合はすぐに動いた。12分、左サイドでボールを受けたスターリングが右足でクロス。ファーサイドでこれに反応したB・シルバが折り返すと、最後はD・シルバが右足で流し込み、シティが1点を奪った。マンUの守備陣が整う前に叩き込んだ電光石火の一撃。早々に赤い悪魔へダメージを与えることになった。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top