ベネズエラ指揮官、メリットは「融合」。森保監督と同じくU-21代表を兼任

2018年11月15日(Thu)21時08分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ラファエル・ドゥダメル監督
ラファエル・ドゥダメル監督【写真:舩木渉】

  ベネズエラのラファエル・ドゥダメル監督は16日に開催されるキリンチャレンジカップ2018の日本戦を前に前日記者会見を15日に行った。

 ドゥダメル監督は日本の印象について「パワフルな攻撃力。試合の初めから終わりまで、非常にダイナミックに、そして高いインテンシティを保ってプレーすることができるチーム」と語り、「高いリズムをピッチのすべての場所において維持しながらプレーできる」と語った。

 また、日本の森保一監督と同じくU-21ベネズエラ代表監督も兼任しているドゥダメル監督は、そのメリットについて聞かれると「両チームの選手たちを融合させてプレーさせることで、若手選手たちの刺激になり、それが彼らに成長をもたらすことにもつながる」と森保監督も目指す世代間の「融合」というキーワードが出た。

 U-20ワールドカップの準優勝メンバーもいるベネズエラ代表だが、ドゥダメル監督はベネズエラのストロングポイントについて「選手達の若さ、そしてテクニカルな力とスピード」とチームの若さを挙げた。

 若さを武器にするベネズエラと日本はどちらが勝つのだろうか。試合は16日に大分スポーツ公園総合競技場で行われる。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top