日本代表、苦戦を招いた6つの要因。反省点ばかりの初戦、“自作自演”の逆転勝利【西部の目】

2019年01月10日(Thu)11時10分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

カウンター対策の不備

190110_daihyo3_getty
意外なほど低いところからのスタートとなった【写真:Getty Images】

 PKを与えた場面も含めて自陣でボールを奪われるケースが何度かあった。トルクメニスタンの先制点は、堂安律から柴崎岳への横パスがずれてカットされ、そのままカウンターを食らったもの。自陣と敵陣の違いはあっても、失い方が良くないのは同じ。

 この最初の失点は、失い方が悪いだけでなくカウンターを潰す準備もできていない。フリーで持ち上がってきた相手に対して、酒井宏樹はやむなく引き込む選択をしたが、酒井の前面へ戻ってくる選手がいない。アマノフのシュート自体はスーパーとはいえ、失い方もカウンターケアも切り替えもすべて良くない。カウンター狙いの相手にやってはいけないことを重ねた結果といえる。

 カウンターの芽を摘むはずの冨安健洋は、何度かは素早い潰しをみせたものの、潰せる位置にいないことも多く、中盤を通過される場面が目についた。これも相手が引く=ハイプレスがメインになるのが明白だったにしては、連係面であまりにも準備不足といわざるをえない。この大会のポイントだった被カウンター守備が機能していないにもかかわらず勝利できたのは幸運だった。

 反省点ばかりの初戦だったが、これからコンディションは上がってくるはず。初戦の出来が悪いのはいつものことでもある。ここから試合ごとに良くなっていくだろうが、意外なほど低いところからのスタートとなった。

(取材・文:西部謙司【UAE】)

【了】

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top